GLAY、ユニコーン、ヤマタツ……冬の代名詞「雪」は過去の名曲でどのように歌われてきたのか

昭和から令和まで、雪にまつわる曲は多く生まれてきました。そんななか、東京に絡んだ雪がまつわる曲について、社会学者の太田省一さんが解説します。


雪といえば演歌?

 いよいよ冬本番です。ということで今回は、東京に絡んだ雪がまつわるヒット曲をいくつか振り返ってみたいと思います。

GLAY「Winter,again」(画像:ユニバーサルミュージックジャパン)

 雪と言えば、北国のイメージでしょうか。特に演歌の世界では、定番になっていると言えます。なかでもぱっと思い浮かぶのが、やはり石川さゆり『津軽海峡・冬景色』(1977年発売)でしょう。

 男性と別れ、ひとり北へ帰ろうとする女性の心象風景を描いた阿久悠の詞は名人技。「上野発の夜行列車 おりた時から 青森駅は雪の中」という出だしから一気に曲の世界に引き込まれます。ここでの雪景色は、「こごえそうな鴎(カモメ)」に自分を重ねてしまう女性の悲しみを引き立てる絶妙の舞台装置になっています。

 この『津軽海峡・冬景色』は『NHK紅白歌合戦』で繰り返し歌われている曲でもあり、2019年までになんと11回も披露されています。そして千昌夫『北国の春』(1977年発売)も、似たような意味で話題になった一曲。ロングヒットとなった同曲は、1977年から3年連続『紅白』で歌われたという珍しい記録を持っています。

『北国の春』は、都会にいる男性が母親から送られてきた小包を見て故郷を思い出す望郷歌。都会がどこかは歌詞では具体的にはなっていませんが、岩手出身の千昌夫がテレビでは出稼ぎ姿で歌ったこともあり、自然と東京がイメージされます。ちなみにB面は「東京のどこかで」という曲でした。季節は春先ということで、「雪どけ せせらぎ 丸木橋」という歌詞が出てきます。

鉄板の山下達郎「クリスマス・イブ」


【緊急世論調査】今や「クリぼっち」もメジャーに……あなたはクリスマスが楽しみでしたか? それとも?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/12/201225_yuki_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201225_yuki_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201225_yuki_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201225_yuki_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201225_yuki_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201225_yuki_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201225_yuki_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201225_yuki_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201225_yuki_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画