自決のわずか半年前 「三島由紀夫」と偶然にも言葉を交わした、おかっぱ頭の少女の記憶

華やかできらびやかな街というイメージが強い東京。しかし、大通りから1本路地に入れば、そこには昔懐かしい住宅地が広がり、名も知らぬ人々がそれぞれの人生を生きています。今回紹介するのは、自決を遂げるわずか半年前の三島由紀夫と偶然にも言葉を交わしていたある少女の話です。


少女は、貸本屋で三島を見た

 きらびやかなばかりが東京ではない――。都心のふとした片隅に突如現れる、昭和のまま取り残されたような異空間。そこにもまた名も知らぬ人々が暮らし、大切な今日をただひたむきに生きていました。

※ ※ ※

 日本の小説家・政治活動家である三島由紀夫が1970(昭和45)年11月25日、現在の新宿区にある市ヶ谷自衛隊駐屯地に乱入し、東部方面総監室で自決を遂げた事件がありました。その日、雲ひとつない天に抜けるような青空でした。

 ところがそのわずか半年ほど前、三島が大田区内の自宅近くの貸本屋で立ち読みする姿を、近所に住む当時10歳の西田聡子さん(仮名)は偶然目撃していました。

筋肉質、オシャレないでたち

 実は、西田さんは何度となくこの店で三島の普段の姿を知っていたといいます。どちらかというとやせた筋肉質の体形、身長も目立たないくらいです。

まだ小学生だった少女は、近所で三島を目撃していた。写真はイメージ(画像:写真AC)

 その日もラフな黒のシャツに黒ズボンという姿ですっきり見えて、子ども心にもオシャレを感じるものだったそうです。

 最後に見たとき、どんな本を読んでいるのかと近くに寄ってのぞくと、劇画の「人斬り以蔵(いぞう)」でした。劇画の作者は誰か分かりませんでしたが、三島は熱心にページをめくっていたといいます。

「何か用なの?」声を掛けられ


【画像】ありし日の三島由紀夫

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210612_mishima_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_mishima_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_mishima_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_mishima_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210612_mishima_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画