ヒグマ対策から食糧危機まで! 遊びながら社会問題を学べる「シリアスゲーム」とは何か

ゲームをしながら社会問題も学べるシリアスゲーム。その最新状況について、文殊リサーチワークス・リサーチャー&プランナーの中村圭さんが解説します。


シリアスゲームとは何か?

 皆さんはシリアスゲームをご存じでしょうか? シリアスゲームとは社会問題をシミュレーションするゲームで、2000年代はじめに米国で生まれたゲームジャンルのひとつです。

 通常のゲームとの違いは純粋に娯楽としてのゲームではなく、あくまで社会問題の解決を目的としていること。実際に起きている課題を取り上げるので、リアルな設定が特徴です。基本的にはパソコンを使ったテレビゲームが主流ですが、近年はボードゲームなどのアナログゲームも登場しています。

 シリアスゲームは欧米を中心に普及していますが、日本でも2000年代後半から紹介され、大学で研究されたり、大手企業が共同でゲームメーカーを設立したりしました。ゲームはメディアにも取り上げられたので、その時期に知った人もいるでしょう。しかし、その後は今ひとつ大きな盛り上がりにはならず、一般的にはあまり知られていないかもしれません。

シリアスゲーム「Food Force」(画像:ゲームランドジャパン)

 具体的にはどのような内容なのでしょうか。2005(平成17)年に公開された「Food Force」は国際連合世界食糧計画(WFP)が世界の飢餓や人道支援活動について理解を深めるために開発した教育系ゲームです。プレイヤーはWFPの一員として、インド洋の架空の島国「シェイラン(Sheylan)」の飢餓で苦しむ人たちに食料を届け、街の復興を支援するミッションをこなします。

 2008年に公開された「Foldit」はワシントン大学で開発されたタンパク質構造解析のオープンサイエンスゲーム。専門的な知識がなくともパズルゲームとしてプレイすることができ、ゲーマーが研究に大きな成果を上げました。

 感染症に関するシリアスゲームもあり、2009年にシリアスゲームが盛んなオランダで新型ウイルスの感染拡大を防ぐゲーム「The Great Flu」が開発されました。

 また「Pirates of Somalia」はソマリア沖での海賊行為に対応する指揮官訓練用シリアスゲームです。主人公は商船を護衛する護衛艦の船員。商船に対して危害を加えようとする海賊を未然に察知し、商船を海賊から守ります。

ゲームで当事者意識を醸成できる?


【画像】ゲームでも学べる!「子どものSDGs」に関する意識調査」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210908_serious_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210908_serious_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210908_serious_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210908_serious_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210908_serious_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210908_serious_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210908_serious_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210908_serious_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210908_serious_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210908_serious_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210908_serious_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210908_serious_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210908_serious_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画