コンクリート地獄だと思ったら大間違い! 東京の「緑地面積」は全国3位だった

自然のない、ビルばかりのイメージがある東京。しかし、意外にも広い緑地面積を誇る都市であるのをご存じでしょうか。その背景と理由について解説します。


都市の緑地面積で東京は全国3位

 東京のイメージは「高層ビル群」「洗練された街並み」ですが、外を歩いていると意外にも緑が多いことに気づかされます。

 先日、日比谷公園(千代田区日比谷公園)を訪れたときのことです。日比谷公園は新橋、有楽町のビジネス街に囲まれた都市公園ですが、園内一体はイチョウの木やアジサイ、サルスベリなどの植物であふれており、東京にいることを一瞬忘れてしまうくらいの風景でした。そこで今回、東京と緑の関係性について紹介します。

千代田区日比谷公園にある日比谷公園(画像:写真AC)

 まず、東京の緑の多さを知ることから始めましょう。緑の多さを表す指標として都市緑地面積(緑化面積)があります。これは植物や木々により緑化した土地の広さを示す値です。

 ウェブ事業を展開するLBBのGraphToChart(グラフとチャート)によると、東京の都市緑地面積は2021年時点で1210haとなっており、北海道と兵庫県に次いで全国第3位にあたります。また大阪府(557ha)と比べて、約2倍も広い都市緑地を有しています。

 都市部に緑が多いと感じるのはもはや体感的なものではなく、数字の上からも明確です。面積や都市部という観点で、大阪と東京は似た条件でありながらも、これほどまでに緑地面積に大きな差が生まれた背景には東京都の緑地化計画が寄与しています。

都市公園の総面積は全国7位


【事前にCheck】東京の「みどり」率

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210822_midori_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_midori_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_midori_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_midori_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_midori_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_midori_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_midori_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210822_midori_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画