よみがえる昭和の記憶――私たちが大人になっても「駄菓子」を手に取ってしまうワケ

かつて子どもでにぎわったお菓子・駄菓子売り場。その思い出と近年の商業施設の動向について、文殊リサーチワークス・リサーチャー&プランナーの中村圭さんが解説します。


お菓子からスイーツへと呼び名が変わった

 近年、デパートなどの大型商業施設ではスイーツ売り場をとても重要視しています。

 国内外の人気店を一堂に集め、カラフルなスイーツやセンスの良いパッケージの色彩にあふれる華やかな売り場です。このような売り場のスイーツは比較的高額で、大人の女性がメインターゲットとなっています。

 しかし、ひと昔前までお菓子売り場のメインターゲットと言えば、贈答用の銘菓を除けば、親に連れられた小さな子どもでした。お菓子をスイーツと言い出した頃から、お菓子売り場は大人のものになってしまった感があります。

懐かしい駄菓子屋(画像:写真AC)

 かつて東京都内のデパートの地下には、数層から成る円形状の台がゆっくりと回転するお菓子売り場が存在していました。

 台のなかはいくつかに区切られ、それぞれに色とりどりのチョコやキャンディー、ラムネ、ポン菓子などが入れられており、好きなお菓子を好きなだけ小さいカゴやトレーに入れることができます。

 それはまるでメリーゴーラウンドのように食品売り場の奥で悠然と回っていました。デパートで親がこの売り場の前に連れていってくれると、子ども心にわくわくしたものです。

 現在、都内のデパートではこの販売機は姿を消して見かけません。関西などではまだ設置しているデパートがあるようです。

お出かけの思い出とセットだったお菓子


【画像】いくつわかる?「懐かしい駄菓子」の数々

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210831_snack_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_snack_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_snack_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_snack_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_snack_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_snack_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_snack_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_snack_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_snack_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_snack_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_snack_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_snack_18-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_snack_19-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_snack_20-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_snack_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_snack_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_snack_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_snack_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_snack_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_snack_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画