正気か?狂気か? 90年代の渋谷に世にも奇怪な「ヤマンバ」が誕生したワケ

1990年代、渋谷を中心に一世を風靡したヤマンバファッション。ブームの背景について、フリーライターの本間めい子さんが読み解きます。


男の目線を気にしない、それがヤマンバギャル

 今となっては信じられませんが、二十数年前の東京には「終末感」があふれてました。この世が終わってしまうという危機感とは異なる、これまで誰も考えつかなかったことが起こるのではないかという、不安と期待の入り交じった雰囲気――。

 そんな「終末感」は、さまざまな文化やファッションを生み出しました。なかでもひときわインパクトがあったのは、10代女性が中心となったヤマンバファッションではないでしょうか。

2000年『egg』45号(画像:大洋図書)

 ヤマンバファッションが世間の目を集め始めたのは、1999(平成11)年の7月を過ぎた頃のことでした。

 その肌は日焼けサロンで1日に数時間かけてこんがりと焼かれた、当時のメディアで「ブリの照り焼き」と称されるほどの黒さ。髪の毛は白髪でボサボサ、口紅は白のリップペンシルで唇の色が見えなくなるまで塗りたくるのが当たり前でした。

 アイラインは二重まぶたの幅の約2倍。それでも足りなければ、油性ペンで肌に直接書くのもOK。つけまつげは2cmもあるため、インパクトは絶大……。そんなファッションの女性たちが渋谷などを闊歩(かっぽ)していたのです。

 なおこのブームをけん引したファッション誌『egg』では、「ブリテリ」というニックネームの女子高生スターも活躍していました。

 1990年代は、女子高生が文化の担い手として幾度も注目されていましたが、ヤマンバファッションを身にまとったヤマンバギャルたちはそうした文化の延長にありながら、極めて異質でした。

 その最大の特徴は、本人たちが

「男性にはウケない」

を、一種のステータスにしていたことです。

混迷する時代への反抗と存在証明


【画像で比較】20年間で激変! 「女性メーク」の変遷

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210713_yamanba_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210713_yamanba_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210713_yamanba_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210713_yamanba_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210713_yamanba_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210713_yamanba_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画