全てが「中止」となったコロナ禍、イベント業界は何を考えていたのか? ベテランプロデューサーが振り返る「1年9か月」

あらゆるイベントが軒並み「中止」となった2020年からの新型コロナ禍。イベント業界は、いったい何を感じ、何を考えていたのでしょうか。ベテランプロデューサーのテリー植田さんが、自身の体験を元にこの1年9か月を振り返ります。


まだ甘く見ていた2020年2月末

 イベントプロデューサー「テリー植田」と、そうめん研究家「ソーメン二郎」。東村山市に在住し、ふたつの肩書きで活動する植田さんが見た新型コロナ禍とイベントとは。自身の体験を元に2021年2月末からの1年9か月を振り返ります。

※ ※ ※

 イベントプロデューサーとしてコロナの影響を最初に意識したのは、2020年2月末に渋谷で開催予定だった地方自治体のイベントを中止することになったときでした。

 地方自治体のイベント担当者から電話がかかってきて、東京でのコロナ状況を懸念してイベントを中止にできないでしょうかという相談でした。その県内では地方自治体が主体となるイベントが全て中止になり、東京で実施されるイベントも中止要請が出ようとしているタイミングだったのです。

コロナ禍でイベントが軒並み中止となったイメージ(画像:写真AC)

 私は正直この2月末の時点では、体温検査、消毒、換気をしていればイベント実施は問題なくキャンセルになるイベントはないだろうと甘く考えていたのです。それからあっと言う間に2020年3月以降ほぼ全てのチケット発売済みのイベントがキャンセルになり、イベントでのクラスター発生、音楽フェスティバルの開催中止が続いたのはご存じの通りです。

 2020年に小売店で行う新商品の試飲会やサンプリング配布など企業の大掛かりなプロモーション企画など私がプロデュースを予定していたものは一切なくなりました。2021年の9月になっても新規のイベントがほとんど実施できないような状況が続くことになるとは夢にも思いませんでした。

 と言っても実際は、非常事態宣言下であっても政府、東京都のコロナ対策のガイドラインに沿ってイベントは開催できます。しかしながら主体になる企業や地方自治体からすると、人が集まるリアルイベントの開催にはまだまだ慎重です。

 ライブを主催するイベント制作会社やアーティストも実施したい気持ちとコロナを懸念する気持ちで2020年から悩みに悩んでいることだと思います。これはイベントに関わっている方々がコロナ禍において皆同じ体験をされたものだと思います。

 ライブハウス、飲食店の閉店休業。結婚式、修学旅行、音楽フェスの中止とイベントがことごとくなくなっていきました。ワクチン接種は全国的に進み、2021年9月30日(木)で緊急事態宣言は全面解除されましたが、マスクの着用や「3密」回避は今も欠かせません。

 コロナ以前に実施していたようにイベントが自由にできるような世界に戻るのは一体いつになるのでしょうか。

オンライン開催が残した功績


【データ】上野動物園は「9割減」 様変わりした2020年度レジャーの実態

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/210911_event_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/210911_event_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/210911_event_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/210911_event_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/210911_event_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/210911_event_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画