約50%の企業が忘年会開催「規制せず」 今年の年末は例年通りに戻るのか?

コロナ禍が落ち着きを見せてきた昨今。年末の恒例行事「忘年会」「帰省」はどのようになるのでしょうか。ホットペッパーグルメ外食総研・上席研究員の稲垣昌宏さんが解説します。


コロナ禍で変化した忘年会事情

 現在は忘年会シーズン真っただなかです。しかし2020年からのコロナ禍で、飲食店にとっては2年連続で「繁忙期」と言い難い年末となっています。

 多くの企業オフィスがある東京駅の八重洲口近隣では例年、宴会を予約するなら、店側が時間帯(2時間)を指定するケースも珍しくありませんでした。ところがコロナ禍で大手企業を中心にリモートワークが進んだこともあり、飲食業にとってオフィス街は繁華街より厳しい経営環境と言われています。

年末の忘年会のイメージ(画像:写真AC)

 一方、新型コロナウイルスの新規感染者数が多かった時期、東京駅の新幹線改札口は閑散としていましたが、最近は目立って回復しているように見えます。このコラムを読んでいる人のなかにも、約2年ぶりの年末年始の帰省を検討している人がいるかもしれません。

 さて、リクルート(千代田区丸の内)の外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」では2021年の11月上旬に、

・忘年会の予定
・年末年始の帰省や外食の予定

について調査しました。

 本稿ではその結果をご紹介します。なお調査回答者は、東京都在住者以外も含まれます。

忘年会開催「なんらかの制限」は半数


【画像】コロナ禍で閑散とした都内

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211216_bou_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_bou_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_bou_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_bou_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_bou_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_bou_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_bou_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211216_bou_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画