マカロニの親せき? 安土桃山時代に伝来? 「マカロン」知られざる波乱万丈ヒストリー【連載】アタマで食べる東京フード(14)

味ではなく「情報」として、モノではなく「物語」として、ハラではなくアタマで食べる物として――そう、まるでファッションのように次々と消費される流行の食べ物「ファッションフード」。その言葉の提唱者である食文化研究家の畑中三応子さんが、東京ファッションフードが持つ、懐かしい味の今を巡ります。


想像以上に長い、マカロンの歴史

 平成になってから、数多くのスイーツがはやったりすたれたりの激しい栄枯盛衰を繰り返しました。完全に忘れ去られたものは意外と少数派で、いったん消えても突然カムバックして2次、3次ブームが起こったり、復活してからは静かに浸透していったりしたものが珍しくありません。

 そのなかで、ユニークな流行曲線を描いてブレークに至ったのが、マカロンです。

 フランスのお菓子と思われていますが、実はイタリア生まれ。しかし、先祖は遠くさかのぼってギリシャ時代の蜂蜜とアーモンドの練り菓子だとか、イスラム教徒のアラブ人がイタリア、スペイン、ポルトガルなどに伝えたものだとか、謎の多いお菓子です。

 マカロンの語源は「練った生地を切る」という意味の「マッケローネ」。ここからパスタのマカロニとお菓子のマカロンに分かれたらしい。そういわれてみればマカロニとマカロン、一字違いです。

濃くてカラフルな着色が受けたマカロンは、“映えスイーツ”の第1号(画像:畑中三応子)

 フランスへは16世紀、フィレンツェのカトリーヌ・ド・メディシスがフランス王と結婚するさい持ち込んだと言われますが、フランスの中世時代、西暦700年代にロワール地方の町、コルムリーの修道院で作られたなど、こちらも諸説あります。

 コルムリーのマカロンはいまでも人気のあるご当地銘菓で、リング形に焼かれたユニークなマカロンです。

 現在、マカロンといえばカラフルな生地2枚のあいだにクリームやジャムがサンドしてあるタイプを指しますが、実はフランス各地には古くから約30種のご当地マカロンがあり、それぞれが正統性を主張しています。

安土桃山時代に伝わったという説も


【画像】イメージが覆る、フランス発祥の「マカロン」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210312_macaron_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210312_macaron_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210312_macaron_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210312_macaron_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210312_macaron_03-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2021/03/210312_macaron_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画