コロナ禍「医療従事者」の大活躍で、都内医学部の志願者数は増えた?減った?

波乱続きの受験シーズンだった2021年。そんななか最も大きな影響を受けているのが医療系学部です。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


人気の背景にある就職有利性と個々の勇気

 コロナ禍や記述式問題・英語民間試験の導入見送りなどで、2021年の大学受験は、特に現役生にとって受難続きとなりました。

 波乱続きのシーズンも、残すは国公立大学の中期・後期の合格発表、コロナに罹患(りかん)した受験生を対象にした追試験とその合格発表を待つばかりとなっています。そんななか、最も大きな影響を受けているのが医療系学部です。

 近年、その激務ぶりがマスコミなどで取り上げられたことで、医療現場は「ブラック企業」とやゆされることも少なくありませんでした。さらに、

・現場の混乱
・医療従事者とその家族に対する偏見
・受診者減少による医院の経営難

といった状況も追い打ちをかけました。医療系学部は一般的に「不況に強い学部」と言われますが、こうした現状もあり、受験生が積極的に志願しないのではないかとみられていました。

 ところが文部科学省が2月24日(水)に発表した、2021年度国公立大学入学者選抜2次試験の確定志願状況をみると、国公立大学の医療系学部の志願者数は薬学部を中心として全体的に2020年より増えていたのです。

 もちろん単純に比較できませんが、2020年までの就職活動は「売り手市場」が続いていたため、難易度の高い医学部や6年制薬学部の志願者は減少し続けていました。しかし新型コロナウイルスにより状況は一変。「就職氷河期の再来」もささやかれたことから、医療系学部の人気が再び高まったと考えられます。

 また一部報道によると、コロナ禍に立ち向かうべく、アメリカでは医療系学部の志願者は急増しているといいます。日本でもこうした志を持つ若者が医療系学部への進学を目指す動きが出ていることも十分に予想されます。

最難関の志願者は減少したが……


【医学部合格者の親に聞いた】受験対策、いつから始めるべき?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210313_igakubu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210313_igakubu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210313_igakubu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210313_igakubu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210313_igakubu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210313_igakubu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210313_igakubu_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画