ガンダムは鬱屈したコロナ禍を変えられるか? 6月公開「閃光のハサウェイ」で日本の未来を考える

6月から大きな話題を呼んでいる映画「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」。その公開を機に、コラムニストの佐倉静香さんがガンダムの魅力と未来について解説します。


数度の延期を経て公開された作品

 興行収入が400億円を突破した「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」、シリーズ完結となった「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」のほか、「名探偵コナン 緋(ひ)色の弾丸」のヒットなど、2021年はコロナ禍にもかかわらずアニメ映画の当たり年といえそうです。

 そんななか2020年から数度の延期を経て公開されたのが、ガンダムファン待望の作品「機動戦士ガンダム 閃光(せんこう)のハサウェイ」です。

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」のウェブサイト(画像:(C)創通・サンライズ)

 都内では8月6日(金)時点で、グランドシネマサンシャイン 池袋(豊島区東池袋)や新宿ピカデリー(新宿区新宿)、T・ジョイPRINCE品川(港区高輪)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ(港区六本木)など、計17か所で上映されています。

 シリーズ開始から40年を過ぎて、いまなお根強い人気とガンダム。描かれる都市の未来とは――。

気安くガンダムの話をしてはいけない

「ガンダムが好きなんです」という人に「私も好きです」と気軽に話しかける行為は、詳しい人にいわせれば「危険」であることが知られています。

 その理由は、1979(昭和54)年から始まった「機動戦士ガンダム」から続く「宇宙世紀」を舞台にしたシリーズのほかに、「機動武闘伝Gガンダム」シリーズなどの未来世紀を舞台にしたもの、「新機動戦記ガンダムW」シリーズのようなアフターコロニーを舞台にしたものなど、ガンダムを素材とした「機動戦士ガンダム」とは違う場所や時代の世界で繰り広げられる作品も数多く存在するためです。

「話しかけてみたら、まったく違うシリーズのファンでかみ合わなかった」というケースがこれまで多く発生しており、気安くガンダムの話をしてはいけないということを学んだ人は数知れないでしょう。

 多くのシリーズのなかでも、やはり人気があるのは「機動戦士ガンダム」から始まる宇宙世紀を舞台にしたシリーズ。アムロとシャアの物語だといえば聞いたことがある人もいるかもしれません。初めての放映から40年以上たちますが、当時からのファンはいまでも新作を待ち望んでいます。

「機動戦士ガンダム」のウェブサイト(画像:(C)創通・サンライズ)

「機動戦士ガンダム」のあと、1985(昭和60)年に「機動戦士Z(ゼータ)ガンダム」が、翌年には「機動戦士ガンダムZZ(ダブルゼータ)」が公開されました。

 また、1988年に公開されたのが、映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」です。「Z」と「ZZ」では主役ではなかったものの、この映画で永遠のライバルであるアムロとシャアは再び主人公として相まみえます。そして相打ちとなって姿を消すのです。

 この映画には続編があり、「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」として小説が出版されました。それまでの作品を自らノベライズしてきた監督の富野由悠季(よしゆき)氏による書き下ろし作品です。

 しかし、この作品は映像化されず、また映像化は難しいといわれていました。しかし映画化がすすめられ、2020年夏に公開されることになったのです。中年になった「オールドガンダムファン」の喜びはすさまじいものでした。

公開延期と実物大ガンダムの登場


【覚えてる?】小説版「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210806_gundam_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210806_gundam_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210806_gundam_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210806_gundam_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210806_gundam_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210806_gundam_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210806_gundam_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210806_gundam_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画