全盛期は月2回開催も「レコ大」以外の音楽賞が消えたワケ

年末の国民的番組「日本レコード大賞」が今年も開催されます。かつては「レコ大」類似番組が多数存在していました。ライターのミゾロギ・ダイスケさんが解説します。


「レコ大」は1959年スタート

「第62回輝く!日本レコード大賞」が12月30日(水)、TBS系で放送されます。今回は瑛人「香水」、乃木坂46「世界中の隣人よ」、LiSA「炎」など10作品の中から大賞が、Novelbrightや豆柴の大群など4組の中から最優秀新人賞が選ばれることになっています。

「第62回輝く!日本レコード大賞」のロゴマーク(画像:TBSラジオ)

 この「日本レコード大賞」は日本作曲家協会(港区六本木)が主催する音楽の賞で、第1回の授賞式は文京公会堂(現・文京シビックホール)というホールで1959(昭和34)年に行われています。

 ある年代以上の人ならご記憶だと思いますが、日本には過去にこれと似たような音楽賞、歌謡賞の類いが多数存在していました。なかには、新宿音楽祭、銀座音楽祭、メガロポリス歌謡祭……といった、そのタイトルだけでは概要がつかみかねるものがあります。それらは、どんなもので、どのように生まれ、なぜ消えてしまったのでしょう?

「新宿音楽祭」とは何か

 歌謡曲、ポピュラー音楽を対象とした音楽賞が増え始めたのは1968年のことです。

 先陣を切ったのが、「新宿祭」というイベントの一貫として始まった「新宿音楽祭」です。これは新人歌手のみが対象という独自性があり、開催時期は10月頃。新宿区若葉に局舎があった文化放送が毎回、ラジオ放送を行っていました。

新宿区若葉にある「文化放送発祥の地」の碑(画像:(C)Google)

 また、年末には有線音楽放送に関連したふたつの賞が同時に始まっています。

 ひとつは、大阪有線放送社(現・USEN)系の「全日本有線放送大賞(当初は「夜のレコード大賞」)」。もうひとつは、現在は東京杉並区に本社のある日本音楽放送(現・キャンシステム株式会社)を中心に生まれた「日本有線大賞」です。

 このふたつの賞は、有線放送の特性上、演歌系が強いという傾向がありました。

「レコ大」に対抗する賞を創設も……


【今年最も歌われた曲ランキング】「香水」と「炎」、いったい何位にランクインした?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/12/201228_kayou_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_kayou_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_kayou_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_kayou_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_kayou_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_kayou_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_kayou_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画