相次ぐ子どもの事故、保育士経験者が「散歩不要論」に物申す!

保育園児の散歩中の交通事故が相次ぎ、「散歩不要論」を唱える声も聞かれます。園児の保育園の現場にとって、「お散歩」とはどのようなものなのでしょうか。保育園で勤務経験がある、ライターの秋山悠紀さんが提言します。


相次ぐ事故に「散歩不要論」の声

 2019年5月8日(水)、滋賀県大津市で散歩中の保育園児ら16人が死傷するという痛ましい事故が発生しました。15日(水)には、千葉県市原市で公園に車が突っ込み、遊んでいた園児を守ろうとした保育士が負傷する事故も起きています。

保育園児のお散歩は不要?(画像:写真AC)

 全国的に続いてしまっている保育園児のお散歩中による交通事故。そんななか、世間で散見されるのが、「お散歩は必要なのか」という意見です。SNS上などでも、「子どもを預けている保育園のお散歩自粛が決定して、安心している」「車にひかれるくらいなら、園内で遊んでいればいい」といった声が上がっています。

 保育園の「お散歩」とはどのようなものなのでしょうか。東京都内の保育園で保育士として勤務経験を持つ筆者が、見解を述べます。

保育園で「お散歩」をさせる事情

 保育園は、国が定めた一定の基準をクリアしているかどうかで「認可保育園」と「認可外(無認可)保育園」に分けられます(東京都のみ、都が定めた独自基準をクリアしている「認証保育園」も存在)。その基準のひとつが「園庭があるかどうか」です。

 待機児童解消が急務になっている都心部では、施設の広さや保育士の数などその他の基準はクリアできても、敷地の関係上どうしても外に園庭を作ることが難しい保育園は数多く存在します。園庭がないからと言って、一日中室内で過ごさせるのは園児の心身の発育にとって良いものではありません。

 そのため保育園は、近所の公園で運動をさせたり保育園の周辺を歩いて外気浴をさせたりしています。一方、園庭を持つ認可保育園でも、その園庭が小さかったり他の年齢のクラスが使っていたりする場合には、お散歩に出ることも。つまり保育園におけるお散歩は、至って一般的に行われていることなのです。

 筆者が働いていた認可外保育園にも、例に違わず園庭がありませんでした。そのため晴れている日の午前中は、園から徒歩5分ほどの距離にある大きな公園へ、子どもたちを連れて行っていました。

 そしてお散歩に出る保育士は3~5人で、子どもは9~12人の人数配分。その保育園では安全を考慮し、お散歩時は保育士ひとりにつき子どもは多くても3人までという配置にしていました。

外の危険を知ることは生きる力を身につけること


人気ママタレント・眞鍋かをりさんも参加! 日本初開催の育児イベント(12枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/05/190524_sanpo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190524_sanpo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190524_sanpo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190524_sanpo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190524_sanpo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190524_sanpo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190524_sanpo_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190524_sanpo_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190524_sanpo_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190524_sanpo_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190524_sanpo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190524_sanpo_02-150x150.jpg

New Article

新着記事