観光から通勤用へ VSE引退で振り返る「小田急ロマンスカー」の歴史

2023年秋ごろをメドに引退することとなった特急ロマンスカー50000形VSE。今回はそれを機に、かつてのロマンスカーの歴史を振り返ります。フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


VSE引退から見るロマンスカーの歴史

 2020年から新型コロナウイルスの感染拡大が続き、鉄道各社は減収減益。企業がテレワーク推進に取り組んだ影響もあり、減便を余儀なくされています。来春のダイヤ改正でもJRをはじめとして鉄道各社が減便を打ち出しています。

 そうしたなか、小田急電鉄が12月17日(金)に発表した来春のダイヤが話題になっています。来春、小田急は特急ロマンスカー50000形VSE(= Vault Super Express)を定期運用からはずし、2023年秋ごろをメドに引退させることを発表したからです。

今回、引退が発表されたVSE。白いロマンスカーということもあり、鉄道ファン以外にも人気だった

 小田急は新宿駅をターミナルに、箱根や江の島といった観光地へと特急を走らせている大手私鉄です。ロマンスカーという呼称は、列車内で恋人たちが並んで座れるような座席「ロマンスシート」が由来。小田急の特急列車だけを意味していたわけではありません。

 しかし、時代とともに各社はロマンスシートを廃止。小田急だけがかたくなにロマンスシートの特急を走らせていたこともあり、ロマンスカーという呼称が小田急を意味するようになりました。

 小田急ロマンスカーには、自席まで入れたてのコーヒーや熱々の軽食を運んでくれるシートサービスがありました。現在でも新幹線車内で見られる、お菓子などをワゴンで運ぶ車内販売ではありません。小田急のシートサービスは“走る喫茶室”とも呼ばれるようになり、多くの利用者から人気を集めました。

 厳密にはロマンスシートの列車を意味するロマンスカーですが、戦後に小田急が“走る喫茶室”といった斬新なサービスを導入し、車両のデザインにもこだわったことから歴代の小田急ロマンスカーは鉄道少年をとりこにしてきました。

 さらに小田急ロマンスカーの人気を高めたのが、ウルトラマンシリーズです。ウルトラマンシリーズの監督として活躍した故・実相寺(じっそうじ)昭雄氏は、『昭和電車少年』といった著作があるほど鉄道好きの有名人として知られていました。

 実相寺監督の影響もさることながら、ウルトラマンシリーズを手がける円谷プロダクションは小田急の祖師ヶ谷大蔵駅に拠点を置き、作中では小田急がたびたび登場します。ウルトラマンシリーズに夢中になった少年たちがロマンスカーにも憧れを抱くことは自然な成り行きだったのです。

 小田急もロマンスカーとウルトラマンとコラボキャンペーンを展開するなど、ロマンスカーとウルトラマンはいい関係を築きました。

たくさんの種類があるロマンスカー


【画像】1999年に引退したロマンスカー「3100形」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211222_oda_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211222_oda_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211222_oda_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211222_oda_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画