【終戦76年】減り続ける8月15日の「戦争関連番組」 私たちは風化する記憶とどう向き合うべきか?

終戦記念日がやってきました。今年も例年同様、関連番組が放送されますが、戦争の記憶は日増しに遠いものとなっていきます。そんなときこそ改めて番組を通して、戦争の悲惨さを感じてみてはいかがでしょうか。


戦争関連番組が減っている

 2021年8月15日(日)、日本は敗戦から76年目を迎えました。平成生まれだけでなく、21世紀生まれの若者が世の中に出てくるようになった今、戦争の記憶も大きく変化しています。

 筆者が小学生の頃、祖父母に戦争体験を聞いてくる宿題がありましたが、今ではどうなのでしょうか。テレビ番組も8月15日は日中、追悼番組を放映し、夕方以降は懐メロ、あるいは戦争映画など、さまざまな形で「今年も8月15日がやってきた」と感慨深くなりました。

太平洋戦争のイメージ(画像:エーアンドイーネットワークスジャパン)

 しかし現在、テレビ番組表を見ると戦争関連番組が減少している印象は否めません。民放ではTBSが15時30分から「戦後76年「つなぐ、つながる」SP へいわとせんそう~戦場からのメッセージ~」を放映。

 日本テレビでは24時55分からドキュメンタリー「メアリーが伝えるヒロシマ」を、テレビ朝日は13時55分から「ラストメッセージ“不死身の特攻兵” 佐々木友次伍長」を放送します。

 民放よりも多くの時間を割いているのはNHKです。

 13日には終戦ドラマ「しかたなかったと言うてはいかんのです」を放映していますが、15日11時50分からは例年通り「全国戦没者追悼式」を中継。21時からのNHKスペシャルは「開戦 太平洋戦争~日中米英 知られざる攻防~」、Eテレは9時から「無言館の扉 語り続ける戦没画学生」、20時からは「丸木位里・俊「沖縄戦の図」 戦争を描いてここまで来た・佐喜眞美術館」を放送します。

1993年時点で懸念されていた番組数


【地図】都内にある「戦争資料館」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210814_www_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210814_www_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210814_www_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210814_www_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画