みんな当たり前に泳いでいた? 勝どきの渡しと月島海水浴場の歴史

現在の勝どき・月島にはかつて渡船場と海水浴場がありました。その歴史について、フリーライターの県庁坂のぼるさんが解説します。


渡し船でにぎわった過去

 勝どき橋(中央区)の築地側にある橋の資料館(同区築地)前に「かちどきのわたし碑」が建っています。月島・勝どきかいわいにはかつて、勝どきの渡しのほか、

・月島の渡し
・佃の渡し
・隅田川の渡し
・深川の渡し

の四つの渡し船がありました。

 乗り場のあった辺りはそれぞれ碑が建っているのですが、晴海通りに面した「かちどきのわたし碑」がもっとも知られています。

 勝どきの渡しは、勝どきの地名の由来となっています。月島と勝どきは明治になってできた埋め立て地で、この地に渡るルートは、現在の聖路加ガーデン(同区明石町)付近から対岸に渡る月島の渡し(1896年完成)が最初です。

 しかし月島に工場や倉庫が並ぶようになって住民が増えると、この渡しだけでは足りなくなります。そのようなこともあり、新たな渡し船を作ろうと、1905(明治38)年頃に話に上ります。

 おりしも日露戦争で旅順が陥落し、東京が祝勝ムードに湧いていたときのこと。

 渡し船を整備した京橋区の住民はこれを東京市に寄付。このとき、旅順陥落を記念して新しい渡し船は「勝鬨の渡し」と名付けられました。勝鬨とは戦いに勝った時にあげる喜びの声――これが現在の勝どきの由来なのです。

波除稲荷神社の裏にあった渡船場

 こうして新たに始まった渡し船ですが、築地側の渡船場は波除稲荷神社の裏にありました。

 波除稲荷神社の横が緩い坂道になっていて、坂道を下った先の築地川(現在はほとんどが消滅)に面したところが渡船場でした。

勝鬨橋(画像:写真AC)

 波除稲荷神社の鳥居の前に立って右手側が築地川です。そこから左手に海軍経理学校を見ながら手こぎで隅田川に出て、対岸に渡っていったのです。

 手こぎの渡し船はいささか心もとなく、風の強い日には蒸気船がえい航することもありました。

勝どき側の渡船場の場所とは


【地図】明治後期の「勝どき周辺」の様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210515_kachidoki_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_kachidoki_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_kachidoki_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_kachidoki_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_kachidoki_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_kachidoki_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_kachidoki_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_kachidoki_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_kachidoki_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_kachidoki_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画