漫画『こち亀』でお馴染み? 中央区「勝鬨橋」はかつて開閉する橋だった

漫画『こち亀』で一躍知られることとなった勝鬨橋の開閉。その歴史について、フリーライターの出島造さんが解説します。


開閉をやめてもう50年経過

 隅田川を越えて築地と勝どきをつなぐ勝鬨橋(かちどきばし)はかつて、隅田川を航行する船のために、カタカナのハの字の形に開いたり、閉じたりする可動橋(跳開橋)でした。

現在の勝鬨橋(画像:写真AC)

「そんなことは当然知っている」という読者も多いと思いますが、今回記事を書くにあたってアーバンライフメトロ編集部に指摘されたのは「勝鬨橋が開いていたことを知っている人はもう少ないですよ。最後に開いたのはもう50年も前ですから」ということ。

 なるほど、橋の完成は1940(昭和15)年6月。そして最後に橋が開閉したのは1970(昭和45)年11月ですから、開かなくなってからの歴史のほうがもう長くなっています。

 それでも可動橋であることを知っている人が多いのは、きっと漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(集英社)のおかげでしょう。原作では2回にわたり、開閉を終えた勝鬨橋を開けています。そもそも勝鬨橋自体を『こち亀』で知ったという人は多いのです。

 ともあれ、今回は可動橋時代の勝鬨橋の話題です。本題に入る前に記しておきますと、橋の名前は「勝鬨橋」ですが、築地から橋を渡った対岸の地名は「勝どき」。「鬨」の字が当用漢字にも常用漢字にも含まれないため、町名に採用される際、ひらがなを採用することになったのです。

 地名の由来は1905(明治38)年、日露戦争の旅順陥落を記念して築地と対岸の月島を結ぶ渡し船が設置され、「勝鬨の渡し」と命名されたのに由来します。1965年に勝どきの町名が制定されるまで、現在の勝どきは月島通、月島西仲通といった町名で、月島の一部と見なされていました。

 勝鬨の渡しは築地(当時は小田原町)の波除神社の脇の船着き場と、現在の中央区立セレモニーホール(中央区勝どき)のところにあった船着き場とを結んでおり、当時多かった工場の従業員を運ぶルートとしてにぎわっていました。

 そして、月島4号地(現在の晴海)で開催予定だった「紀元2600年記念日本万国博覧会」のメインアクセスルートとして1940年、橋が建設されることになりました。

橋の開閉は当初1日5回、その後3回に


【貴重画像】開いた状態の「勝鬨橋」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210827_kachi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_kachi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_kachi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_kachi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_kachi_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_kachi_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_kachi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_kachi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_kachi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210827_kachi_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画