五輪で注目! 晴海「選手村マンション」は年収いくらで買えるのか?

東京オリパラで注目を浴びた中央区晴海の選手村マンション。そんな同マンションを含む「HARUMI FLAG」の新築住宅が2021年秋より販売再開されます。購入のハードルは高いのでしょうか。不動産ライターの逆瀬川勇造さんが解説します。


選手村マンションは秋より販売再開へ

 史上初の延期・無観客開催など、異例づくしだった東京2020オリンピック・パラリンピック。しかし日本選手団は史上最多のメダルを獲得、私たちに多くの感動を与えてくれました。

 そんなオリパラの選手村施設として使用されたマンションを含め、新たに建設予定の2棟で構成される晴海ふ頭の複合開発都市「HARUMI FLAG」(中央区晴海)の新築住宅が、2021年秋より販売再開となります。購入を検討している人も多いことでしょう。

HARUMI FLAGの選手村マンション(画像:写真AC)

 本記事では販売再開される選手村マンションの概要や、購入にあたり必要な年収について詳しくご紹介します。夢のマンション購入にぜひ役立ててください。

18haもの敷地に誕生する「ALL IN TOWN」

 選手村施設で使用された建物を含め、新たに誕生するHARUMI FLAGは一体どのような計画となっているのでしょうか。

 HARUMI FLAGは約18ha(18万平方メートル)もの広大な敷地のなかに、東京都と

・三井不動産レジデンシャル(中央区銀座)
・三井不動産(同区日本橋室町)
・三菱地所レジデンス(千代田区大手町)
・野村不動産(新宿区西新宿)
・住友不動産(同)
・住友商事(千代田区大手町)
・東急不動産(渋谷区道玄坂)
・東京建物(中央区八重洲)
・NTT都市開発(千代田区外神田)
・新日鉄興和不動産(港区赤坂)
・大和ハウス工業(大阪市)

の民間企業11社でつくりあげる4145戸の分譲住宅と商業施設の複合開発都市です。

 分譲住宅は

・SEA VILLAGE
・SUN VILLAGE
・PARK VILLAGE

の3街区で合計4145戸、賃貸住宅街区(PORT VILLAGE)で1487戸を予定しています。

HARUMI FLAG関連施設の位置(画像:(C)Google)

 また、新たに晴海西小・中学校(仮称)の開校や認定保育園の開設、大型商業施設、公園の整備など生活に必要なものがそろった「ALL IN TOWN」として整備される予定となっています。

 三方を海に囲まれた晴海ふ頭の南端に位置し、開かれた眺望と豊かな自然を体感する東京湾の新たなランドマークといえるのがHARUMI FLAGなのです。

選手村マンションの販売価格は?


【調査結果】オリパラ後、「HARUMI FLAG」購入検討の人は増えた? それとも減った?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211104_senshu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_senshu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_senshu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_senshu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_senshu_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_senshu_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_senshu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_senshu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_senshu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_senshu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_senshu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211104_senshu_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画