新宿の東京都庁、実は「晴海」にできていたかも? 地元民も驚いた幻の移転計画とは

現・東京都庁は西新宿にありますが、歴史が変わっていたら、湾岸エリアにあったかもしれなかったのをご存じでしょうか。フリーライターの真砂町金助さんが解説します。


都庁の新宿移転は1991年

 東京都庁が新宿区西新宿に移転したのは、1991(平成3)年4月のことです。それ以前は、1889(明治22)年から千代田区丸の内にありました。1957(昭和32)年に完成した丹下健三設計の旧都庁第1庁舎を覚えている人は、もはやそう多くないでしょう。

新宿区西新宿にある東京都庁(画像:写真AC)

 都庁の新宿移転は、1979(昭和54)年に就任した鈴木俊一都知事が推進し、決定しました。移転の背景には庁舎の老朽化に加え、内部が狭かったために有楽町駅周辺に第6庁舎まで分散して不便だったことがあげられます。

 しかしこの都庁、もしかしたら新宿ではなく湾岸、東京五輪選手村の建物が話題になっている晴海にあったかも知れないのです。

「月島4号地」への移転計画

 1943(昭和18)年の東京都成立以前、「月島4号地」と呼ばれていた現在の「晴海」に東京市庁舎を移転する計画が持ち上がりました。当時は現在の東京都にあたる東京府があり、東京都区部にあたる地域は東京市でした。

1932(昭和7)年に発行された地図。赤枠内が「月島4号地」(画像:国土地理院)

 現在は東京都の下に区が設置されていますが、当時は府の下に市があり、各区(最終的に35区)がある構造でした。東京市庁に独自の庁舎はなく、東京府庁舎内に開設されており、戦後の都庁と同じく有楽町駅周辺に散在していました。

 そこでに東京市会は1922(大正11)年、「市総合庁舎新築二関スル建議」を可決します。ここでは、帝都の市庁舎として、外観が不体裁であるばかりか事務の能率を殺しているとして、欧米都市のように市の代表建築物となるような、華麗で規模が大きく市民にも便利な庁舎の建築を満場一致で可決しています。

東京市長の経歴


【事前にチェック】明治時代の月島・勝どき・晴海

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210530_tocho_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210530_tocho_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210530_tocho_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210530_tocho_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210530_tocho_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210530_tocho_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210530_tocho_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210530_tocho_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画