深夜の新宿で「広島に向かって!」と突然の懇願 20代女性客のやむに止まれぬ事情とは【連載】東京タクシー雑記録(5)

タクシーの車内で乗客がつぶやく問わず語りは、まさに喜怒哀楽の人間模様。フリーライター、タクシー運転手の顔を持つ橋本英男さんが、乗客から聞いた奇妙きてれつな話の数々を紹介します。


長距離客の穴場とは聞いていたけれど

 フリーライターをやりながら東京でタクシーのハンドルを握り、はや幾年。小さな空間で語られる乗客たちの問わず語りは、時に聞き手の想像を絶します。自慢話に嘆き節、ぼやき節、過去の告白、ささやかな幸せまで、まさに喜怒哀楽の人間模様。

さまざまな客を乗せて走る東京のタクシーのイメージ(画像:写真AC)

今日はどんな舞台が待っているのか。運転席に乗り込み、さあ、発車オーライ。

※ ※ ※

 普段はあまり行ったことがないタクシー乗り場でのこと。

 4年ほど前になるでしょうか。新宿駅南口の甲州街道沿いに開業したばかりの「バスタ新宿」(渋谷区千駄ヶ谷)に入ったことがあります。

 北は青森、南は福岡、全国へと走る高速バスの発着ターミナルです。

 時刻は23時過ぎ、この時間帯からぼちぼち長距離のタクシー客が出始めると聞いていました。ただし、ここの乗り場はいったんタクシーを入れてしまうと途中で抜けることができない仕組み。

 何時間も客待ちでじっとしていなくちゃならない。空振りだとダメージが大きいのです。

 幸い1時間と少しで私の順番がやってきました。20代とみられる若い女性が大きなボストンバックを持っています。これは長距離の予感。

「少し遠いんですけど大丈夫ですか?」
「はい、どちらまで」
「広島です。あの原爆ドームがある」

 私は腰が抜けるほど驚いて、客の顔をしっかりと見ます。

「いま2万5000円しか持っていなくて……」


【気になる調査】タクシー利用が最も多い曜日は?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210416_taxi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210416_taxi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210416_taxi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210416_taxi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210416_taxi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210416_taxi_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画