昭和の小学校に必ずあった「視聴覚室」「LL教室」が知らぬ間に姿を消したワケ

先日、ツイッターで話題になった「視聴覚室」。その歴史について、「LL教室」とともにエデュケーショナルライターの日野京子さんが解説します。


東京ではまだ残っている?

 ICT(情報通信技術)教育の推進もあり、タブレット端末やパソコンを公教育で使う機会が増えています。児童・生徒ひとり1台はもう現実のもの。教室には電子黒板やプロジェクターがあり、動画資料を簡単に見られるほどです。

 かつて、動画資料は視聴覚室で見るものでした。視聴覚室にはプロジェクターやオーディオビジュアル(AV)機器などが設置されており、防音構造になっているところもありました。この記憶はどうやら児童・生徒にとって印象的だったようで、ツイッターで先日「小中学校から視聴覚室が姿を消しつつある」とのつぶやきが話題に。現時点で6万も「いいね」が付いています。

プロジェクター(画像:イラストAC)

 機材の小型化や学校内でのインターネット接続も整ってきているため、視聴覚室の存在意義は薄くなっています。しかし、公教育の場から完全に姿を消したわけではありません。東京の都立高校では改築の際、視聴覚室をリニューアル工事するなど、現在も学校施設として活用されています。

 また公立小学校に目を向けると、隅田小学校(墨田区墨田)のように視聴覚室的な役割を持つ空間のある学校や、けやき小学校(西東京市芝久保町)のように地域の人たちが利用できる視聴覚室(講堂と兼務)を持つ学校もあります。

 昭和や平成初期のような勢いはないものの、視聴覚室はほそぼそと令和の今も生息しているのです。

戦前からあった視聴覚学習


【画像】40年前の「LL教室」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211119_shicho_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211119_shicho_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211119_shicho_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211119_shicho_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211119_shicho_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画