早稲田の鬼速コロナ対応再び? 希望者「PCR検査無料」検討と空調投資7億円超の衝撃

先日、早稲田大学が希望する教職員と学生に無料で毎週PCR検査を行うことを検討中であると報じられました。同大の英断はこれだけではなく、過去にもありました。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


PCR検査無料を検討の衝撃度

 3度目となる緊急事態宣言発令中の東京都内。2021年度は数多くの大学で対面授業の実施を増やしていく方針を打ち出していましたが、新学期スタート1か月目にして早くも難題に直面しています。

 大学は事業者向け要請等のうち「その他の施設」に分類。都は各大学に向けて「部活動自粛」「オンライン活用」への協力を依頼しました。

 そんななか、早稲田大学(新宿区戸塚町)が

「希望する教職員と学生に無料で毎週PCR検査を行うことを検討中」
「早稲田キャンパスや、スポーツ科学部や人間科学部で先行予定」

と毎日新聞、日本経済新聞などのメディアが報じました。

新宿区戸塚町にある早稲田大学(画像:写真AC)

 首都圏大学非常勤講師組合(豊島区南大塚)の公式サイトには、組合側から早稲田大学に対面授業継続をする上で提示条件のひとつである「PCR検査の実施」が、大学側に受け入れられた経緯が記されています。

 5月10日(月)には、田中愛治総長が対面授業を基本とする方針を続行するとの声明を発表し、教室内の換気改善のため、空調設備に7億5000万円投資して入れ替えていることも明記されています。

 PCR検査の件について大学から公式発表は出されていませんが(5月14日時点)、日本国内で大企業や教育機関が、希望者全員に無料かつ定期的にPCR検査を実施するというのは極めて異例なことです。

 そのようなこともあり、在学生や教職員を合わせると約5万人にもなる早稲田大学の「PCR検査無料を検討中」のインパクトはすさまじいものがあります。

 それと同時に、都内有数の学生数を誇る早稲田大学が感染症リスクを最小限に抑えつつ、コロナ禍でも学生が通常通りの授業を受け、勉学に励む環境を維持することに本気であることがうかがい知れます。

多数を占めるオンライン切り替え


【受験生4万人が回答】自分が「関心を持っている大学」最新エリア別ランキング――早大は何位に入った?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210515_waseda_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_waseda_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_waseda_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_waseda_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_waseda_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_waseda_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210515_waseda_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画