ゲームのうまいヤツがかっこいい! 子どもの序列をひっくり返した『スーパーマリオブラザーズ』の歴史

80年代に一世を風靡したファミコンカセット『スーパーマリオブラザーズ』。同作が子ども間に起こした変革とは? フリーライターの猫柳蓮さんが解説します。


長梅雨はファミコンで乗り切る

 緊急事態宣言下で、東京の街も外出する人が少なくなっています。また、全国的に長梅雨となる可能性があることから、当面の間、家の中で快適に過ごそうと考える人は多いはずです。

 筆者は家でもっぱらゲームを楽しんでいますが、ソーシャルゲームには少し疲れ、最新ゲームも飽きてきたため、最近はもっぱらファミコン(ファミリーコンピュータ)一筋です。

 かれこれ30年以上、近年はたまにファミコンをプレイしてきましたが、子どもの頃に熱中したたまものでしょうか、まだなんとなく身体がファミコンっぽい動きを覚えています。

1985年9月発売のモンスター作品

 とりわけ今でもクリアできるのが『スーパーマリオブラザーズ』です。1985(昭和60)年9月に発売されて空前のブームを巻き起こした、20世紀後半の日本を象徴するゲーム作品です。

『スーパーマリオブラザーズ』(画像:任天堂)

 発売前から子ども向け雑誌で数々の記事が掲載され、注目を浴びていた同作が生み出したインパクトは、社会のさまざまなところで、それまでにない現象を生み出しました。

 ダイレクトに衝撃を受けたのは出版業界です。この年の10月、徳間書店では新書版サイズの『スーパーマリオブラザーズ完全攻略本』を発売します。『スーパーマリオブラザーズ』だけでなくさまざまなシリーズが出ていたことでもおなじみでしょう。

 このシリーズでは価格を400円以下に設定。ゲームのメインユーザーである小学生がお小遣いで買える値段になっていました。なお『スーパーマリオブラザーズ完全攻略本』は390円で、ちなみに当時『コロコロコミック』は330円でした。

他業界を巻き込んで社会現象に


【調査結果】30~40代ゲーム好き男性の95.4%が「レトロゲーム」をクリスマスプレゼントにもらったら嬉しいと回答していた

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210521_mario_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210521_mario_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210521_mario_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210521_mario_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210521_mario_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210521_mario_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210521_mario_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210521_mario_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210521_mario_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210521_mario_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画