かつては「しょっぱくて硬いもの」……日本人のチーズ観を覆した「チーズケーキ」の偉大なる歴史【連載】アタマで食べる東京フード(4)

味ではなく「情報」として、モノではなく「物語」として、ハラではなくアタマで食べる物として――そう、まるでファッションのように次々と消費される流行の食べ物「ファッションフード」。その言葉の提唱者である食文化研究家の畑中三応子さんが、東京ファッションフードが持つ、懐かしい味の今を巡ります。


日本人のチーズ観を変えた衝撃

 さっきセブン―イレブン・ジャパンの冷蔵スイーツケースを見てみたら、全部で17種類のうち、7種類がチーズを使ったスイーツでした。大手メーカーのカップ入りデザートにもチーズ系は豊富で、ドリンクタイプまであり、あらためてチーズスイーツの圧倒的強さに感心させられます。

 チーズスイーツがこれほど愛されるようになった発端は、1970年代に起こったチーズケーキの大ブーム。戦後の洋菓子界で最初の爆発的ヒット作であり、いろいろな意味で革命的と呼びたくなる出来事でした。

東京・麹町にある「パティシエ・シマ」がミセス・アンディンケンから受け継ぐ伝統の「カッテージチーズケーキ」(画像:畑中三応子)

 チーズでお菓子を作ることに当時の人々がどれほど驚いたか、今では想像できないかもしれませんが、本当にみんな「びっくり仰天」しました。

 日本で乳製品が本格的に食べられるようになったのは、戦後から。学校給食でパン食が普及した影響で、ずっと乳製品の王座にあったのはバターでしたが、1966(昭和41)年に生産量と家庭内消費の両方でバターを抜き去りました。

 その頃に現れたのが、チーズケーキです。欧米でチーズといえばナチュラルチーズなのに対し、日本では加熱処理を行ったプロセスチーズが独自に発達。6Pチーズのように硬くて塩気のあるチーズしか知らなかった日本人にとって、しょっぱくなくてやわらかいチーズが存在すること自体が、青天のへきれきでした。

 そもそも、洋菓子の種類がまだ少なく、全国どの店でもショートケーキにモンブラン、シュークリームにエクレアばかりが幅を利かせて、ケーキに使うクリームは、ホイップクリームとカスタード、バタークリームくらいしかなかった時代。ケーキのマンネリを打ち破る新材料として、クリームチーズとカッテージチーズに、お菓子屋さんが一斉に飛びつきました。

男性ファンも獲得したその魅力


【画像】進化し続けるチーズケーキ。全て通販で購入可

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200513_cheezecake_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200513_cheezecake_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200513_cheezecake_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200513_cheezecake_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200513_cheezecake_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200513_cheezecake_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200513_cheezecake_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200513_cheezecake_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200513_cheezecake_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画