「海抜0m」「蛇行道路」に負けるな――東西線誕生の背景にあった奮闘の軌跡とは

中野駅から西船橋駅までを結ぶ首都圏の大動脈「東西線」。その開業には多くの困難がありました。フリーライターの大居候さんが解説します。


交通事情の緩和を目的に作られた東西線

 中野駅から西船橋駅までを結ぶ東京メトロ東西線は、都心の要所だけでなく、千葉県のベッドタウンから都内まで通勤・通学する人も運ぶ、首都圏の大動脈です。また路線が千葉県まで延びているため、東京メトロで唯一、都外に駅を持つ路線でもあります。

 東西線の歴史は、高田馬場~九段下間が開業した1964(昭和39)年に始まります。工事は以降続き、1969年に東陽町~西船橋が開業したことで全線開業となりました。

 東西線建設の第一の目的は、東京の交通事情の緩和でした。当時、東京では人口増加による公共交通の混雑が深刻化していました。

 中でも道路は著しく、地下鉄はこれを解決する手段として早期建設が求められていました。特に東西線は都心への輸送力を増強する路線として期待されていました。

部分開通後、東に向けて進んだ工事

 東西線の建設が決まる以前、国鉄による都心の東西を結ぶ路線計画もありました。

 1956年に運輸大臣へ提出された都市交通審議会の答申に基づき、国鉄では中央線・総武線の線路増設を検討しています。この計画には市ヶ谷~東京間に短絡線を新設したり、東京駅に総武線を乗り入れさせたりするものもありました。

東西線(画像:写真AC)

 こうした検討の末、国鉄は計画中の東西線と直通運転を行うことが望ましいとして、着工前の1960年、営団総裁との間で相互直通運転を実施するための合意に達しています。東西線はまさに、首都圏の新たな大動脈として期待されていたのです。

 こうして工事は1964年の部分開通後、東に向けて進んでいきました。ちょうど東京オリンピック期間を挟んでいたこともあり、さまざまな調整が必要だったものの、工事は順調に進んでいきます。特に中野から神楽坂へかけての区間は地盤の固い山の手の台地を掘り進むため、工事は順調でした。

 そこから先はさまざまな問題が立ちはだかりましたが、当時の技術者は知恵を凝らして工事を進めていきました。

最初の難所は飯田橋付近


【画像】東西線の開通前! 都電時代「永代橋」の様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210318_tozai_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210318_tozai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210318_tozai_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210318_tozai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210318_tozai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210318_tozai_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210318_tozai_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画