ビートたけし『浅草キッド』――人生に大切なことの大抵は、本とラジオと音楽から教わった 台東区【連載】ベストヒット23区(最終回)

人にはみな、記憶に残る思い出の曲がそれぞれあるというもの。そんな曲の中で、東京23区にまつわるヒット曲を音楽評論家のスージー鈴木さんが紹介します。


たけしを浅草へと向かわせた1冊

 東京から遠く離れた大阪出身の私(スージー鈴木。音楽評論家)が、東京23区それぞれに考察を深める連載企画を思い付いたのは、東京生まれで、かつ「東京論」に定評のある作家へのあこがれがあったからです。

 その人の名は小林信彦。特に彼が当初「中原弓彦」名義で、主に自分の実経験だけをもとにして書ききった『日本の喜劇人』(新潮文庫)は、私にとってライフタイム・ベストの1冊。

 つまりこの本は、私のちっぽけな人生を変えた1冊ということになりますが、もうひとり、この本で人生を変えた人物がいます。

 水道橋博士『はかせのはなし』(KADOKAWA)の中で、その人物に博士が「芸人になってから、中原弓彦(小林信彦)の『日本の喜劇人』は読まれたのですか?」と質問するシーンがあります。

 対して、その人物はこう答えます――「あのよォ、それは逆で『日本の喜劇人』を読んだから、俺は決心して浅草に行ったんだよ」。

「衝撃的でした」と博士が書いていますが、私にとっても、それはまさに「衝撃的」でした。私のちっぽけな人生を変えた1冊が、あの人物の、あのダイナミックな人生の起点となっていたとは。

 もうお分かりですね。その人物の名はビートたけし。

芸人・ビートたけしが生まれた浅草の街(画像:(C)Google)

 台東区・浅草から芸人生活をスタート。1980(昭和55)年の「漫才ブーム」で一気にブレーク。そして翌1981年の元日、「元旦や 餅で押し出す 二年グソ!」という破廉恥なひと言で、日本全国の若者を、一気にとりこにしてしまいました。

 このひと言は、伝説のラジオ番組 = 『ビートたけしのオールナイトニッポン』の、伝説の初回の、伝説の冒頭に放たれたもの。そしてこの番組が、何人、いや何千人もの「たけしチルドレン」の人生を変えていきます。

『あまちゃん』にも描かれた台東区


【画像】俳優や映画監督として活躍――「ビートたけし」が残した功績を見る(6枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/07/200718_asakusa_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200718_asakusa_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200718_asakusa_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200718_asakusa_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200718_asakusa_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200718_asakusa_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200718_asakusa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200718_asakusa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200718_asakusa_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200718_asakusa_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画