庶民的で親しみが湧く! 都内にある「ミニミニ大使館」の数々

豪華な洋館からマンションの一室まで、東京都内にはさまざまな大使館が存在しています。フリーライターの大居候さんが解説します。


おしゃれで広い大使館はごく一部

 大使館にはどこか華やかなイメージがあります。実際、建築の美しさで知られる大使館は東京都内に多数あります。半蔵門駅の近くにある英国大使館(千代田区一番町)はおしゃれな洋館で、まさにザ・大使館というべき建物です。

 また、アメリカ合衆国大使館(港区赤坂)は近代的な建築で、オランダ王国大使館(同区芝公園)は季節になると敷地内にチューリップが咲き誇ることで知られています。さらにクウェート国大使館(同区三田)は、戦後日本を代表する建築家・丹下健三が設計しており、個性的な美しさを持っています。

 しかし、日本国内には現在140余りの国が大使館を置いているものの、敷地面積を誇れるのはごく一部です。

 言うまでもなく東京は土地が高額であるため、明治時代に国交を結び広い敷地を確保できた国か、石油が産出するなど資金に余裕ある国の大使館に限られます。多くの国では土地や建物を借りて、大使館として使用しているのが実情なのです。

マンションの一室を借りるケースも

 財政状況の厳しい国の規模はどんどん小さくなります。

 インフレが一時期激化して話題となったジンバブエ共和国大使館(港区白金台)は白金台にあります。住所を聞けば一等地ですが、実際の建物は年季の入ったマンションです。中に入ったことのある人によれば、もとのマンションをそのまま使用しているため、台所などもそのままで、極めて庶民的な内装だといいます。

港区白金台にあるジンバブエ共和国大使館(画像:(C)Google)

 しかし、まだ建物を持っているからよいと言えるかもしれません。同じく白金台にあるエリトリア国大使館(同)は、なんとマンションの一室です。モルディブ共和国大使館(同区麻布台)もまた、ビルの一角に入居しています。

 大使館は通例、外交官特権の存在を示すために国旗を掲げていますが、マンションの一室などを借りている場合は、ベランダや窓から国旗を掲げて工夫しながら存在感を示しています。

 こうした手狭な物件しか借りられないのは、やはり家賃の高い港区に物件を求めるからでしょう。そんななか、思い切ってよその地域に大使館を置いている国もあります。

小さな大使館に感じる親しみ


【いくつ知ってる?】都内にある「大使館」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/210107_taishi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210107_taishi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210107_taishi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210107_taishi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210107_taishi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210107_taishi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210107_taishi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210107_taishi_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画