スガシカオ『オバケエントツ』――光化学スモッグ世代による下町への愛憎物語 荒川区【連載】ベストヒット23区(18)

人にはみな、記憶に残る思い出の曲がそれぞれあるというもの。そんな曲の中で、東京23区にまつわるヒット曲を音楽評論家のスージー鈴木さんが紹介します。


荒川区で最もメジャーな駅とは

 この連載を書くときには、まずそれぞれの区の地図を見るのですが、これがなかなかに発見が多いのです。今回、荒川区の地図を見て学んだこと――「荒川区は荒川に接していない」。荒川区が接しているのは隅田川なんですね。

 荒川区の南西を山手線がかすめています。荒川区で最もメジャーな駅といえば山手線・日暮里駅ではないでしょうか。「にっぽり」という、何ともチャーミングな響きも印象に残ります。

日暮里駅前の様子(画像:写真AC)

 この「日暮里」を全国区にしたのが、小林旭のヒット曲『恋の山手線』(1964年)です。山手線の駅名を歌詞に織り込んだコミックソングなのですが、今改めて聴くと、少々無理やりなダジャレが多いのです。

 例えば2番。

「♪始め大塚 びっくりに」
「♪高田のバー(野暮な註:高田馬場)で 酔ったとき」
「♪胸の新宿 うちあけた」

あたりは、すんなりと意味が入ってこない。その点、1番でさんぜんと光る「♪日暮里笑った あの笑(え)くぼ」の分かりやすさたるや!

 ちなみにこの歌詞、こちらも荒川区の西日暮里駅は入っていません。

 実はこれ、忘れられたわけではなく、1964(昭和39)年の段階で、まだ駅が無かったのです。西日暮里駅の開業は1971年で、山手線で2番目に新しい駅。もちろん最新駅は、高輪ゲートウェイ駅。この駅名をダジャレにするのも、かなり無理やりになりそうですね。

ラップがうまかった伊集院光


【画像】漫画「こち亀」でおなじみ! 荒川区から見えた「おばけ煙突」の在りし日の姿を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200509_arakawa_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200509_arakawa_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200509_arakawa_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200509_arakawa_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200509_arakawa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200509_arakawa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200509_arakawa_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200509_arakawa_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画