戦前の大横綱「双葉山」が敗れた日――両国の石碑に面影をたどって

大相撲初場所が真っ盛りのこの季節、思い出す取り組みがあるとノンフィクション作家の合田一道さんが振り返ります。新聞が号外を出すほどに世間を驚かせた、昭和の大番狂わせの一番です。


世間をどよめかせた、1939年1月15日。

 大相撲初場所が真っ盛りです。令和になって初めての初場所。どんな展開になるのか、大相撲ファンにはわくわくどきどきの毎日でしょう。

 今から80年ほど前、69連勝中の横綱・双葉山が前頭の安芸ノ海(あきのうみ)に敗れるという大番狂わせが起こりました。世間は「双葉が敗れた」と言って、天地が引っ繰り返るほどの騒ぎだったといいます。なぜ、そんなに大騒ぎしたのでしょうか。

大相撲初場所が行われている両国国技館(画像:(C)Google)

 当時の大相撲は春秋の2場所制で、1場所が11日間。1937(昭和12)年から13日制。15日制になるのは、双葉山が敗れた次の場所となる1939年秋場所からなのです。双葉山は 1936年1月場所の7日目から丸3年間も勝ち続け、 盤石の強さを見せつけました。

 この時期の相撲人気はすさまじく、観衆は前夜から国技館に押し掛けました。「一年を二十日で暮らすよい男」という、力士たちの暮らしぶりをうたった川柳まであったほどです。年6場所、 1場所15日間の現在では想像もできない盛況でした。

 その日――。1939年1月15日は、大相撲1月場所4日目。日曜日で、藪(やぶ)入りの日でした。

初入幕の安芸ノ海が勝負後に打った電報


【地図】江戸~明治時代に大相撲が行われていた「回向院」って?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200120_futaba_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200120_futaba_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200120_futaba_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200120_futaba_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画