目黒不動尊周辺が約25年間だけ「花街」として栄えたワケ

下目黒の目黒不動尊周辺は、今でも古くからの風情が残るエリアです。このエリアにはかつて花街がありました。フリーライターの県庁坂のぼるさんが解説します。


目黒不動尊の創建は808年

 オフィス街として最近活気のある五反田。ただ一口に五反田といっても、そのエリアはとても広いのをご存じでしょうか。特にオフィスの多い西五反田は、JR五反田駅から随分と歩かなければいけないところもあり、実際は東急目黒線の不動前駅の方が近い場合もあります。

 2000(平成12)年に廃止された目蒲(めかま)線時代、目黒線は目黒と蒲田をつなぎ、そのローカルな雰囲気で池上線と争っていたわけですが、今では目黒駅から先が南北線、三田線、埼玉高速鉄道に直通しており、まったく違う路線となっています。

 また相鉄線との相互乗り入れも計画されていることから、沿線の武蔵小山駅前は人気の住宅地になりつつあります。

 そんななか、不動前駅は昔ながらの雰囲気がまだ残っています。山手通りの騒がしさは駅前ではすっかりと消え、居酒屋など夜営業の店も限られているため、日が暮れるとすっかり静かな街になります。

 不動前駅の名前の由来は、目黒区の目黒不動尊(瀧泉寺、目黒区下目黒)です。1923(大正12)年3月に開業したときの駅名は目黒不動尊前駅でしたが、同年10月に不動前駅に改称されました。その理由は、目黒不動尊が地元では「お不動さん」と呼ばれていたため、最寄り駅であることをアピールするためでした。

目黒不動尊(画像:写真AC)

 目黒不動尊は縁起(社寺の由来)によると、創建は808(大同3)年の古寺で、江戸時代には幕府に保護されていました。保護を受けたきっかけは、三代将軍家光が目黒でタカ狩りをしたとき、かわいがっていたタカが迷子になったことだとされています。このときに目黒不動尊の僧侶に祈らせたところ、無事に見つかったことで幕府は代々あつく保護するようになったといいます。

大きなにぎわいを見せる行楽地へ


【航空写真】約75年前の目黒不動尊を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/210107_meguro_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210107_meguro_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210107_meguro_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210107_meguro_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210107_meguro_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210107_meguro_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210107_meguro_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210107_meguro_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210107_meguro_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210107_meguro_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210107_meguro_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210107_meguro_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画