困難を乗り越え、愛猫との添い寝を復活させた男性の漫画「びっくりするほど幸せだった」

ゆるかわいい猫の絵が人気の漫画家・佐久間薫さんが、3匹の飼い猫と夫との騒々しい日常を描きます。


感動の「再会」を果たした、ひとりと1匹の物語

 佐久間薫さんは、東京23区の北西エリアに住む漫画家です。夫と猫3匹との気ままな暮らしを紹介するアーバンライフ・オリジナル4コマ漫画。今回のテーマは「ネコと和解せよ」です。

飼い猫たちとの日々を描いた佐久間さんの漫画のカット(佐久間さん制作)

――佐久間さん、今回の作品を作った背景を教えてください。

 夫(大作さん)のアレルギーのことを知っていただこうと思いまして。

――大作さんの猫アレルギーは、猫たちと暮らすさなかで発覚したのですね。

 はい。前から皮膚は弱かったんですけどね……。

――アレルギーが発覚したときの大作さんの気持ちを想像すると、こちらまで切なくなります……。

 判明するのが怖くて、私が勧めてもなかなか病院でアレルギー検査をしませんでした。検査結果が出て相当ショックだったと思います。

――昼も夜も、家にいるときは大作さんは1階にひとりだったのでしょうか。これは寂しい!

 まあ、私がうろうろしてますけどね(笑)。でも寂しいですよね。

――飼い方を工夫すれば、多少は症状を抑えられるのですね。

 個人差はあると思いますので一概には言えませんが、夫はだいぶ症状が軽くなりましたし、そういう経験談はよく聞きます。

――マックス9kgの巨体を誇る白丸とのお昼寝、どんなところが幸せなのでしょうか。

 白丸は少し毛が長くて、しかもビッグサイズなので抱き心地がすごく良いです。そして顔を近づけても嫌がらないし(黒丸は嫌がる笑)、むしろ向こうも近づけてくれるし、すぐ「ぐるぐる」言って向こうも幸せそうに一緒に寝てくれるので、こちらもうれしい! 日常の不安を消し去る威力が、白丸の昼寝にはあります(力説)。

――めちゃくちゃうらやましくなりました。大作さんのように、猫好きの猫アレルギーの人たちにひと言お願いします。

 好きなのに近づけないなんて辛すぎますよね……。部屋を分けるのはすごく効果的だと思うので、できる環境の人で、まだお試しでない人はぜひ試してほしいです。体調がよくなれば「通い」でも触れ合えれば、楽しい時間が過ごせると思います。

――漫画の読者にひと言お願いします。

 お読みいただきありがとうございました!


【画像】4コマ漫画 & 抱き心地バツグンの巨大猫を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191210_neko_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191210_neko_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191210_neko_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191210_neko_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/191210_neko_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画