自称「怠け者」の女性が地球に最接近した火星を見てパワーをもらった漫画「私も輝きたいんだ」

10月6日(火)に地球へ最接近した火星を見て感じた「怠け者」の秘めたる思いをテーマに、漫画家の世良田波波さんが漫画を描きました。


火星のように「赤く赤く輝きたい」

 世良田波波さん(ペンネーム)は多摩地域に住む漫画家で、兵庫県明石市出身。10代で上京し、以来漫画を書き続けています。そんな世良田さんが描くアーバンライフ・オリジナル4コマ漫画。今回のテーマは「火星の接近」です。

世良田さんの体験を描いた漫画のカット(世良田さん制作)

――世良田さん、今回の作品を作った背景を教えてください。

 星空を見たり宇宙のことを考えたりするのが好きなのです。辛いことがあったとき、星空をみると色々な思いが込み上げてきます。そんなことを描こうと思いました。

――今回、火星を見るために外出されたのでしょうか。

 それだけが目的ではなかったのですが、ちょうど10月6日の最接近の日だったので、とても楽しみにして出掛けました。

――火星だけでなく、ほかの星が接近するときも注意深く見られるのでしょうか。

 流星群は見えそうな所に行って天体観測しています。都市部の公園でも流れ星が見えて感動するんですよ。

――「赤く赤く輝きたいんだ」というフレーズが印象的です。

 赤く輝く火星はとてもかっこいいですし、好きなバンド「GEZAN」も赤色をよく使っています。火星やGEZANのように「自分も赤く輝きたい」って怠け者が一瞬思うフレーズです。

――10年後に再会した火星にどのような言葉を掛けたいですか。

「今日もかっこいい」、ですかね。

――漫画の読者にひと言お願いします。

 火星はまだしばらく明るく見えます。夜空を見上げてみたら良いことがあるかもしれませんよ。


【画像】漫画を読む

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/201031_kasei_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201031_kasei_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201031_kasei_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201031_kasei_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画