「クセが強い」の汚名返上 バタークリームの躍進を支えた「コレステロール論争」とは?【連載】アタマで食べる東京フード(10)

味ではなく「情報」として、モノではなく「物語」として、ハラではなくアタマで食べる物として――そう、まるでファッションのように次々と消費される流行の食べ物「ファッションフード」。その言葉の提唱者である食文化研究家の畑中三応子さんが、東京ファッションフードが持つ、懐かしい味の今を巡ります。


丸の内・銀座・目黒の名店にも脚光

 もう7、8年になるでしょうか。バタークリームのケーキがじわじわと愛好者を集め、最近では「ブーム」と呼ばれるようになりました。

 もともとバタークリームは、洋菓子作りには欠かせない構成要素。ダコワーズやマカロン、オペラのように、パーツとして使っている有名菓子、伝統菓子は数多くありましたが、現在はことさらバタークリームが主役であることを強調したり、原料バターの品質の高さをアピールしたりする商品が増えています。

 フランスの高級ブランドバターである「エシレバター」の専門店、丸の内ブリックスクエア(千代田区丸の内)1階にある「エシレ・メゾン デュ ブール」には、バタークリームをたっぷり使った生ケーキ目当ての人々が開店前から列をなし、連日完売です。

渋谷スクランブルスクエア1階「エシレ・パティスリー オ ブール」の「サブレサンド」は、手軽にバタークリームの濃厚なおいしさが味わえる小ぶりサイズ(画像:畑中三応子)

 乳酸菌で発酵させた生クリームから作られるエシレバターは、軽い酸味と独特の香りを含みます。

 以前、この種の発酵バターは「クセがある」と敬遠する人が多く、せいぜい焼き菓子の隠し味に利用される程度で、生菓子で個性を前面に出すことはめったにありませんでした。日本人のバターに対する嗜好は、より濃厚に変わりつつあるようです。

 ブームのおかげで、銀座「洋菓子舗ウエスト」(中央区銀座)や学芸大学「マッターホーン」(目黒区鷹番)など、老舗洋菓子店の歴史ある定番が脚光を浴びているのは、うれしい事態です。

かつてバタークリームが敬遠された理由


【今や定番】バタークリームを使った最旬スイーツ(画像5枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/11/201120_butter_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_butter_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_butter_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_butter_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_butter_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_butter_01-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_butter_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_butter_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画