30年前の東京人は「10万円以下」のパソコン登場にただただ驚きを隠せなかった

現在は1桁万円台で性能の良いパソコンが買えますが、パソコンが一般に普及し始めた1990年代はまったく異なる状況でした。フリーライターの大居候さんが解説します。


2020年のPC出荷台数が大幅増

 緊急事態宣言下のゴールデンウイークは、自宅でスマートフォンやタブレットPCなどを使って暇つぶしをしていた人も多かったのではないでしょうか。NHKのウェブサイトによると、PC販売のメッカ・秋葉原の人出も感染拡大前と比べて54,4%も減少しています(5月4日時点)。

 スマートフォンやタブレットPCはかつてパソコンより機能が少ないイメージでしたが、現在は違います。東京に住む大学生に聞いても、大学の授業用で使うパソコンよりも、スマートフォンの方が使う時間が長いと言います。スマートフォンやタブレットPCは文字入力がしづらいというのは、もう過去の話。人間の慣れには目を見張ります。

 そんなパソコンですが、新型コロナウイルスの感染拡大でテレワークを導入する企業が増えたこともあり、需要は伸びているようです。

パソコン初心者にはテレビ受信も可能なパソコンなどが好評だった。秋葉原の電気街。1994年12月9日撮影(画像:時事)

 総務省の『令和2年 情報通信白書』によれば2019年の世帯における情報通信機器の保有状況はスマートフォン所有世帯が83.4%と、パソコンの69.1%を上回っていました。ところが、2021年1月に米市場調査会社のガートナーが発表した調査結果では、2020年の年間PC出荷台数は2億7500万台で、2019年から4.8%増加。過去10年間で最高の成長率となっています。

 そうしたなか、新たにパソコン市場に参入する企業も出ています。

 2021年に入り、生活用品大手のアイリスオーヤマ(仙台市)も参入。同社はこれまで家電製品も手がけてきましたが、ノートパソコンを発表しています。その価格は当初、税別4万9800円(税込み5万4780円)となっていましたが、その後値下げする店舗も現れ、さらなる話題となりました。

最低20万円もしたパソコン


【調査結果】コロナ禍の「暇つぶし」、スマホよりパソコンがよく使われていた!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210505_pc_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210505_pc_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210505_pc_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210505_pc_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210505_pc_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210505_pc_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210505_pc_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画