育児中の深い「孤独感」、あなたはどう向き合ってた? すぐできる3つの解消法をご紹介

幼い子どもへの虐待のニュースが相次いで報道される一方、その原因のひとつである「母親の孤独」にも注目が集まっています。そんな状況にある母親たちが少しでも救われるためには何をしたらよいのでしょうか。ライターの高橋美穂さんが実体験を交えて解説します。


筆者も感じる孤独感

 幼い子どもに対する痛ましい虐待のニュースが相次いでいます。そのたびに議論になる、「母親が孤独な育児をしていた」という背景。背景がどうであれ、幼い子どもを虐待する、ましてや殺めるなど、絶対にあってはならないですし、どんな言い訳も通用しません。

特にシングルマザーの孤独感は計り知れないものがある(画像:写真AC)

 とは言え、育児中に孤独を感じるということに関して、多くの理解が集まっているというのも事実。筆者自身も、実家から遠く離れた場所で出産し、子どもが赤ちゃんの頃からほぼひとりで育児をしてきて、現在はシングルマザーという状況ですので、孤独を感じることはあります。

 特に赤ちゃんの頃は大変でした。ただ、幸い「そこから抜け出そうとする気力」があったので、ここまでやってこれました。しかし、あまりにも疲弊していると「そこから抜け出す気力」さえなくなってしまうこともあるでしょう。

解決へのシンプルな3つの手段

 そのため、筆者は次の3つのことを勧めます。

●睡眠時間を確保する
 まずはこれ。筆者は子どもが赤ちゃんの頃、寝ている時はとにかく一緒に横になっていました。家事は子どもがゴキゲンで起きている時に、最低限な範囲でササッと済ませる作戦です。

●食べる
 とは言え、授乳中はお腹が空くものの、何か作る隙間時間もないし、材料を買いに行くこともままならないという矛盾が。さらに乳児を連れて外食というのも、なかなかハードルが高いです。

 筆者は、近しい友人や親せきに、「出産祝いにチンすれば食べられるような、レトルトのおかずを送ってほしい」とお願いしました。それが尽きたら、ネットスーパーで食材を確保し、どんぶりで納豆ごはん。これなら泣く子どもを抱っこしながらでも食べられますし、麺類や汁物のように子どもに熱い汁がはねる危険もありません。ほかには、グラノーラに牛乳をかけたものや、バナナなどのフルーツも活用していました。

●外に出る
 こうして元気を付けたら、次は外に出ましょう。筆者は、子どもが3か月を過ぎた頃から、子育て支援センターの赤ちゃんイベントや、子どもを出産した病院の赤ちゃんの集まりなど、子どもと安心して過ごせるさまざまな場所に出向きました。

 元々は、それほど積極的な性格ではない筆者。でも、性格よりも「このまま孤独感を募らせていてはいけない」という本能が勝ったのかもしれません。子どもはまだ赤ちゃんだったので、感染症なども心配でしたが、外に出るとゴキゲンだったので、「これでいいんだ」と思えました。そして、運のよいことにさまざまな場所でママ友を作ることができ、だいぶ孤独を解消することができたのです。

場所が見つからない場合はどうしたらいい?


【データで見る】母親の大半が育児に孤独や「不安」を感じているというこの日本の現実

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/07/190703_ikuji_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190703_ikuji_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190703_ikuji_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190703_ikuji_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190703_ikuji_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Ranking

ランキング

  • Weekly
  • Monthly