麻布・広尾・目黒に「高級住宅街」「下町」の真逆イメージが両方根付いた歴史的経緯(中編)

麻布・広尾・目黒という土地のイメージと歴史について考える、ジェイ・エム・アール生活総合研究所社長の松田久一さんの連載(全3回)。2回目のテーマは、江戸の町の発展について。


江戸城から離れた例外的「御府内」

 麻布、広尾、目黒という主に日比谷線沿線の地名を聞くと、芸能人や著名人が多く住み、住みたいが手の届かない「山の手」の「お屋敷町」、「高級住宅街」というイメージがあります。実際、沿線別の路線地価は極めて高くなっています。

 他方で、地元民や年配者などは全く対極のイメージも持っています。意外ですが、「原っぱ」、「庶民層」、「ブルーワーカー」などの印象です。この地域の1960年代は、映画『ALWAYS三丁目の夕日』の舞台に近いかもしれません。

 この二重性をひも解いてみようとするのが本稿の狙いです。3回続きの第2回は、江戸の町の発展という側面から。

※ ※ ※

 目黒は、江戸城から離れていたにも関わらず、町奉行の支配下に置かれた例外的な「御府内」でした。

東京屈指の高級住宅街というイメージもある、目黒の歴史とは?(画像:写真AC)

 それは、現在でも知られる目黒川の桜見の名勝地であるとともに、落語の「目黒のさんま」で知られる通り、将軍の鷹(たか)狩り地、つまり「余暇」を楽しむ地であったからです。

 従って、この地域は、武家地でも町人地でもなく、野原であり原野として、禁猟地として保護されていたようです。目黒不動尊のある目黒は江戸の守護神としての位置づけだけでなく、注目の地域でした。

 麻布、広尾、目黒方面の共通点は、この地域の古層には江戸城から見て「裏鬼門」であることの影響があるということです。

身分によって住む場所が区分された


【地図】麻布・広尾・目黒の位置関係

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/201031_edo2_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201031_edo2_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201031_edo2_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201031_edo2_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201031_edo2_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画