実は東京最強の子育てタウン? 特売生鮮品も、巨大アスレチックも徒歩圏内 江東区・大島駅周辺【連載】東京商店街リサーチ(3)

フリーライターの荒井禎雄さんによる連載「東京商店街リサーチ」。23区内の商店街とその周辺情報から、エリアの隠れた魅力を掘り起こします。3回目となる今回は江東区の大島駅周辺エリアの商店街です。


川に四方を囲まれた、「結界」の中の街

 世代によって抱くイメージがまったく異なる街、江東区大島。筆者のような昭和の人間ならば「マンモス団地がある街」というイメージが強いのですが、近ごろはインドを中心とした外国人の流入が増えて、「スパイス料理の聖地」的な見方をしている人も多いと聞きます。

 実際に訪れてみると、昔ながらの商店街がある一方でマンモス団地の中にも商業スペースが栄えていたりと独特な街並みを形成していて、なかなか単純ではなさそうです。この大島という街は、果たしてどのような特徴を持っているのでしょうか。

一度見たら忘れられない中央銀座のシンボル。思わず頭にチューリップ台なんて単語が浮かぶ(画像:荒井禎雄)

●立地
 大島地区は四方を川に囲まれています。北は堅川、東は荒川と旧中川、南には小名木川があり、西には横十間川と、まるで結界の中にあるかのよう。以前紹介した砂町銀座と立地が似ており、実際に北砂とは川を挟んで隣町の関係にあります。ただし大島の方が電車も道路も利便性が高く交通事情は良好です。

 いまいちマイナー感のある地名ではありますが、1600年代に村が作られたという記録が残っており、実は歴史のある街でもあります。

 ただ、今の形の大島となったのは1970年代に大規模な団地建設が行われてからでしょう。この団地の中でも特に大きな棟は、西大島駅直近の4丁目と、大島駅直近の6丁目にあり、この2か所だけでも約1万世帯が住んでいます(大島1~9丁目までの合計は約3万3000世帯、約6万3000人)。

●各商店街の特徴
 大島地区の商店街は、大きく分けてふたつのタイプがあります。ひとつは大島駅の東側にあるサンロード中の橋に代表される昔ながらの「一本道商店街」。もうひとつは団地の1階にさまざまな店が詰め込まれて商店街を形成している「団地内商店街」です。

生鮮品のお買い得さは、都内指折り


【画像】昭和の香りただよう懐かしい風景……商店街と巨大公園が魅力の江東区・大島駅周辺の画像を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191011_oojimas_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191011_oojimas_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191011_oojimas_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191011_oojimas_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191011_oojimas_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191011_oojimas_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191011_oojimas_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191011_oojimas_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191011_oojimas_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191011_oojimas_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191011_oojimas_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191011_oojimas_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191011_oojimas_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191011_oojimas_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191011_oojimas_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191011_oojimas_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191011_oojimas_07-150x150.jpg

New Article

新着記事