コーヒーに負けっぱなしの「紅茶」に名誉挽回を! 大手ブランド「リプトン」が挑んだ非日常的作戦とは

2020年8月6日

お出かけ
ULM編集部

「紅茶にしますか? コーヒーにしますか?」。外食先で店員に聞かれるこの質問。実は両者の消費量には大きな開きがあるということをご存じでしたでしょうか。


紅茶にしかない「強み」とは?

 レストランや喫茶店に入ったとき、たいていの場合「紅茶にしますか? コーヒーにしますか?」と聞かれます。

 この記事をご覧の皆さんは普段、紅茶派ですか、それともコーヒー派ですか?

 ホッとひと息つきたいときに飲むドリンクの「二大選択肢」として並べられることの多い両者ですが、実際の消費量にはかなりの開きがあります。

紅茶飲料はコーヒーの約3分の1

 飲料メーカーなどで組織する全国清涼飲料連合会(千代田区神田須田町)のデータによると、清涼飲料水商品の品目別生産量推移(2000~2019年)はコーラなどの「炭酸飲料」がトップで、2番手はミネラルウオーター。

 3番めの「コーヒー飲料」は過去10年間にわたって増加しており、2019年の生産量は300万kl台前半を記録しています。対して「紅茶飲料」の生産量は、コーヒーの3分の1程度にとどまる100万kl台前半(同年)です。

「緑茶飲料」より、「果汁飲料」より、さらには麦茶などの「その他の茶系飲料」よりも低い12品目中9番めという紅茶の順位を目の当たりにすると、もしかしたら冒頭の2択の問いは成立しないのでは……とちょっと心配になってしまいます。

紅茶ブランド「リプトン」。「紅茶派」拡大のため、さまざまな取り組みを展開中(2020年7月、遠藤綾乃撮影)

 なぜ紅茶は、コーヒーに比べてこれほど飲まれていないのか。理由は諸説あるようですが、街角のカフェチェーンを見ればその差は一目瞭然です。

タピオカブームを追い風にして


【グラフデータ】一目瞭然! コーヒーと比べて圧倒的に少ない「紅茶飲料の生産量」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/08/200717_lipton_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200717_lipton_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200717_lipton_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200717_lipton_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200717_lipton_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200717_lipton_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200717_lipton_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200717_lipton_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200717_lipton_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200717_lipton_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画