漫画『3月のライオン』の舞台! 美しい橋から見る「佃・月島」エリアの魅力とは

漫画『3月のライオン』に登場し、若者からも注目を浴びる中央区佃・月島。同エリアにかかるふたつの「橋」を通して、その魅力についてフリーライターの有馬里美さんが解説します。


舞台は中央区佃・月島エリア

 東京都中央区にある佃・月島は、隅田川が東京湾に流れ込む河口にあり、周囲をぐるりと川と海に囲まれた地域です。佃が北側、月島がその南に位置し、下町の昔懐かしい趣が残る町並みとして観光客を集めています。エリア周辺は高層ビルが林立しており、レトロ感ある町並みと周囲の都会的なビルのコントラストも印象的です。

 このエリアは、羽海野チカ原作の漫画『3月のライオン』の主要な舞台として登場し、多くのファンが訪れています。高校生プロ棋士で孤独な境遇の主人公・桐山零を受け入れ、癒やしてくれる川本三姉妹が住むのが、佃の町をモデルとする三月町です。

中央区佃にある佃小橋(画像:写真AC)

 作品内では、中央大橋や佃小橋などの橋が地域のランドマークとして何度も登場。コミックス1巻表紙の背景にも中央大橋が描かれています。主人公が自宅のある新川(作品内では六月町)から佃(作品内では三月町)にある川本家に向かう際に通るのが、中央大橋と佃小橋のふたつの橋です。主人公の家と川本家というふたつの異なる世界をつなぐのがふたつの「橋」であり、作品内で重要な意味を持つモチーフと言えます。

 今回は『3月のライオン』に登場する佃・月島エリアを、橋に焦点をあててその特色や訪れるべき味わい深いスポットをご紹介します。

なぜ佃・月島エリアは橋が印象的なのか


【画像】明治初期「佃島・月島」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210709_lion_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_lion_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_lion_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_lion_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_lion_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_lion_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_lion_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_lion_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_lion_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_lion_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_lion_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_lion_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210709_lion_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画