たった3人のために上映された「レイトショー」が、ある夜サラリーマンの心を癒した

東京で暮らし、働く男性たちは、日々何を見て何を思いながら過ごしているのでしょう。イラストレーターでライターのズズズ(zzz)さんが、自身の「何でもない今日」をイラストともに切り取ります。今回のテーマは「品川のレイトショー」。


ロビーに漂うキャラメルポップコーンの香り

 映画も良いけど、映画館も良い。

 仕事を終えた夜20時、私(ズズズ。イラストレーター、ライター)は品川駅にある映画館「T・ジョイPRINCE品川」(港区高輪)に立ち寄りました。

 ロビーに入るとキャラメルポップコーンの甘く香ばしい香りが仕事で疲れた身体を優しく包み込み、まるで「お疲れさま」とでも言ってくれているような、そんな気にさせてくれます。

 上映開始まで時間があるので売店でビールとチキンナゲットを購入して、近くの椅子に座って小腹を満たします。定番のキャラメルポップコーンも良いのですが、平日の仕事帰りの映画館ではこのコンビを欲してしまいます。

 自分も年を重ねたなとセンチメンタルな気持ちに浸ることができて、それもまた心地良いのです。

 休日の賑やかな映画館とは違って平日のレイトショーはとても静かな空間で、たまにシアターから重低音が漏れてきます。

 周りを見渡すとただただ静かにビールを流し込む50代くらいの男性会社員が数人、スマホでチケットの写真を撮る30代くらいの女性がひとり、楽しそうに話すスーツを着たカップルがひと組いました。

レイトショーの待ち時間、人影はまばら。皆思い思いに時間をつぶして上映を待つ(画像:ズズズさん制作)

 みんな映画が好きなのかな? 今日は良いことがあったのかな?それとも何か嫌なことがあったのかな? そんなことを考えていると、仕事帰りという限られた時間を精一杯有意義に過ごそうとする仲間のように思えてきます。

 映画が終わったのか、シアターからぞろぞろと人が流れてきて、一瞬静寂が途切れます。

筆者、30代風女性、50代風男性の3人きり


【画像】筆者が訪れた品川の映画館

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/11/201120_late_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_late_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_late_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_late_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_late_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_late_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画