23日公開『コンフィデンスマンJP』 東京にもかつて、笑えて泣けるコンフィデンスマンたちが実在した

7月23日、映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』がいよいよ公開されます。それを記念して、過去に東京を騒がせたコンフィデンスマン(信用詐欺師)の歴史を振り返ります。解説するのは、ライターの橘真一さんです。


東京に出没した“痛いコンフィデンスマン”

 2019年5月に公開された映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』の第2弾にあたる『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が、2020年7月23日(木)にいよいよ公開されます。

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』公式サイトより(画像:(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会)

 フジテレビ系のテレビドラマから始まったこのシリーズで、 「コンフィデンスマン」なる言葉は「信用詐欺師」という日本語で説明されています。

 作中、ダー子(長澤まさみ)ら華麗なるコンフィデンスマンたちは、ずる賢い手段で大金を稼ぐ人物に近づき、何者かになりすまし、十分に信用させた上で、痛快にお金をだまし取ります。

 しかし、それはあくまでフィクションのなかでのお話です。

 現実世界のコンフィデンスマンは、ドラマや映画のように華麗でも痛快でもありません。そもそも詐欺は犯罪です。ここでは、過去に東京の街に出没した、痛いコンフィデンスマンの例をいくつか挙げたいと思います。

チャールズ皇太子のいとこを自称する日本人

プロフィルを誇張する人はいつの時代にもいるものですが、それをあり得ないレベルに盛って盛って盛りまくり、女性をだました結婚詐欺師がいました。

詐欺師のイメージ(画像:写真AC)

 1982(昭和57)年、金髪でサングラスをかけ、欧米の軍人風の制服を着用した男が、都内に住む51歳の女性・Aさんに接近します。

 男は片言の日本語を話す外国人のような口調で、

「ワタシノー、ナマーエワー、“プリンス・ジョナ・クヒオ”デス」

と名乗り、その上で、自身の驚きのプロフィルを明かしたのです。

「イギリス王室から5億円をもらえる」というウソ


【調査結果】映画館で見たい新作、『コンフィデンスマンJP』はいったい何位にランクインしている?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/07/200703_confidenceman_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200703_confidenceman_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200703_confidenceman_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200703_confidenceman_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200703_confidenceman_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200703_confidenceman_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200703_confidenceman_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200703_confidenceman_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200703_confidenceman_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画