駒沢を「スケボーの聖地」に押し上げた地元スケーターたちの熱き歴史をご存じか

世田谷区「駒沢スケートパーク」はスケーターの聖地です。利用は無料で、家族連れから女性まで多くの人たちが利用。しかしここまで来るには多くの困難がありました。文教大学国際学部准教授の清水麻帆さんが解説します。


盛り上がりは2010年代から

 東京2020オリンピック競技大会から新種目となったスケートボードは、昨年特に注目されたスポーツです。そんなスケートボードが以前から盛り上がっている場所が、都内にあります。それは駒沢オリンピック公園(世田谷区駒沢公園)にある、ストリートスポーツ広場(以下、駒沢スケートパーク)です。

 駒沢スケートパークは、スケーターの「聖地」のひとつ。利用は無料で、プロスケーターはもとより、家族連れから女性まで、初心者から上級者まで多くの人たちが利用しています。週末ともなると、1日100~200人が訪れるほどです。

スケートボードのイメージ(画像:写真AC)




 しかし、以前は違っていました。

 約35年前の中学生頃から駒沢公園でスケートボードをしている、「URA3(ウラさん)」こと浦本譲さんによると、1990年代に子どもの姿はなく、多様な人たちが来るようになったのは2010年代に入ってからだといいます。

 駒沢スケートパーク元々、現在のような公式スケートパークではありませんでした。1980年代後半から2008年頃までは、浦本さんや彼の先輩たちなどを始めとするスケーターや、BMXに興じる人たちが10~30人ほど集まり、手作りの木製ランプやバンク、ボックス、レールなどを設置して遊んでいました。なお、これらの道具はセクションと呼ばれます。

粘り強い都との交渉


この記事の画像をまとめて見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/01/220125_skate_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220125_skate_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220125_skate_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画