悲しい人を救えるのは悲しい人だけ? 悲しい体験から得られる本当の「優しさ」とは

人生を生きていると、うれしいことばかりではなく悲しいことも数多く体験します。そんなときには、さまざまな角度から悲しみを解釈することが必要だそうです。哲学ライターの西宮ゆかりさんが解説します。


哲学の動機は「深い人生の悲哀」

 やりきれない思いや悲しさ、哀れな気持ちを抱えたとき、お酒を飲んだり、衝動買いをしたりして発散する人もいるでしょう。でも、やりきれない。そんなときこそ、哲学の世界に足を踏み入れてみませんか。

 日本人初の哲学者といわれる、西田幾多郎(1870~1945年)。実は彼も哲学への動機を「深い人生の悲哀」と語っています。特に論理的に物事を考えることが好きな人、言葉に力をもらったことがある人は、哲学に救われることも多いでしょう。たったひとつの哲学が、視点を180度変えてくれることもあるのです。

やりきれない悲しさのイメージ(画像:写真AC)

 日本人初の哲学者ともいわれる西田幾多郎。西田が物思いにふけりながら散策したことが由来とされる京都の「哲学の道」を訪れたことのある人もいるのではないでしょうか。そんな西田ですが、「哲学の動機は驚きではなくして、深い人生の悲哀でなければならない」といいます。学問や研究というと好奇心や驚きを動機とするイメージが強いですが、西田にとっては「悲哀」が動機でした。

 世界的にも有名な西田ですが、その人生は幸薄いともいわれています。75歳で亡くなるまで5人の子どもを亡くし、最初の妻も49歳で亡くしています。他にも小さな頃に生家の没落や、今でいうリストラ、家族の病気などに悩まされる人生でした。

「悲しみ」をあらゆる角度から解釈する


この記事の画像をまとめてみる

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/191105_philosophy_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191105_philosophy_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191105_philosophy_03-150x150.jpg

New Article

新着記事