運動音痴なアラフィフ女性が「公営ジム」で中性脂肪を減らそうとした結果

  • ライフ
運動音痴なアラフィフ女性が「公営ジム」で中性脂肪を減らそうとした結果

\ この記事を書いた人 /

おのみさ(エッセイスト、イラストレーター)のプロフィール画像

おのみさ(エッセイスト、イラストレーター)

お金を節約しつつ、体を鍛えられる公営スポーツセンター。その魅力について、エッセイストでイラストレーターのおのみささんが自身の体験を交えて語ります。

お酒も飲みたいし、おいしいものも食べたい

 酒好きで食いしん坊で運動苦手なおばちゃんが、たどり着く先といえば「中年太り」。わが家の体重計は毎年、右肩上がりの数値をたたき出しています。

 もう中年だしデブのままでいいよ、と開き直るのもアリですが、見た目よりも中性脂肪の数値が気になります。「じゃあ、お酒をやめればいいじゃん!」とは言わないでください。そこはホラ、お酒も飲みたいし、おいしいものも食べたいのです。

 私はセコイので、なるべくお金をかけずに痩せようと思い、近所の江戸川沿いウオーキングを試みたのですが、ウオーキングだと言いながら歩いてたら、いつの間にか飲み屋にたどり着いていた……なんてこともしばしば。

 これはもう悔しいが、お金をかけるしかない! と思って調べてみると、うれしい事に私が住んでいる葛飾区には公営スポーツセンターが2か所あり、そのうちのひとつは自転車で10分ほどの所にあったのです。

おのさんの体験を描いたイラスト(おのみささん制作)



 ヨガやダンスの教室もありますが、毎週決まった時間に行くのは難しいので、営業時間内ならいつでも行けるジムに行ってみようと決意。1回2時間300円(10回分のカードなら2500円)。今の私の生活だと、行けて月に4~5回くらい。カードを使えば1か月1250円の出費になりますが、なんとかなるかも。

上野アメ横で靴と服を買いそろえる

 しかし、やるからには乗り越えなければならない壁が3つありました。

●スポーツジムの壁 その1:靴と服を買いそろえる
 室内用の運動靴と運動に適した服が必要なのですが、持っていません。服なんかなんでもいいと思うのですが、パジャマ用のヨレヨレ半ズボンというのもさすがに恥ずかしいので、下町庶民の強い味方・上野アメ横商店街の激安店に行き、運動靴 + スパッツ + ショートパンツを6000円でそろえてみました。

 もっと安価な普通のジャージーでも良かったのですが、初めてだし、そこは気持ちを上げるために少し良さげなものを購入(形から入る派です)し、タオルや水筒(100均)もそろえて準備万端!

●スポーツジムの壁 その2:初めてなのでめっちゃ緊張する
 公営どころか、民間のジムさえも行った事がなく、器具の使い方や何をどうしたらよいのやらが、さっぱりわからないのです。よくジム案内のポスターに載っている、筋肉ムキムキマンズやスレンダー素敵女子たちの中で、驚くほど運動音痴で体力の無いおばちゃんがまざってもいいものなんでしょうか。気合入れて買った新品の服や派手な色の靴が、かえって恥ずかしい……ドキドキ……。

 緊張しながらジムの人に「初めてなんです!」と言うと、私が痩せたいのか、腹筋を割りたいのか、などを質問し、適切に指導してくれます。平日の午前中は私のようなおばちゃんも多いし、筋肉ムキムキマンズは、みんな自分を鍛える事で精いっぱい、人の事など気にしちゃいないので、無駄な心配でした。

月5回で年間1万5000円は高い? 安い?

 いやそれにしても、暑さも寒さも花粉も紫外線も気にせず、いつでも快適な温度で、何も考えずに集中できるって素晴らしいですね! 周りの人たちも、汗を流してがんばっているので「私もがんばろう!」という気分になります。

おのさんの体験を描いたイラスト(おのみささん制作)



 周囲を眺めながら「この人は一体何のためにこんなにがんばっているのだろうか? 健康診断でメタボとか言われたのかな?」などとアレコレ勝手に妄想(←悪趣味)するのも楽しい♪

 時折、器具を使って一生懸命に鍛えてるおっちゃんが「あぅぅぅっ! くぅぅぅっ!」と、いちいち声を漏らすので、つい笑ってしまうのですが。

 葛飾区のジムでは毎日決まった時間に数回、おなかシェイプ体操やフォームローラーを使ったエクササイズなどをジムスタッフが無料(♪)で15分間指導してくれます。汗だく運動をずっと続けるのもつらいので、これがあると飽きないし、色んな種類の運動を経験できるのでうれしい。

 下町のおばちゃんたちは、要領を得ずにへっぴり腰でオタオタしている私を見て、「一緒にやりましょうよ」などと声をかけてくれて、親切にいろいろ教えてくれるのもありがたいです。

●スポーツジムの壁 その3:とにかく続けること
 今までの壁は、多少の収入と時間があれば誰でも乗り越えられると思いますが、ここから一番高い「続ける」という壁を乗り越えられるのかが問題です。

 ジム(適度な運動)を続けていたら病気にならない! とは言いませんが、将来の病気へのリスクを多少でも減らせると思えば、月5回で年間1万5000円は高くないかもしれません。

ジムを週1、1か月続けた結果……

 一昨年、葛飾区民の生涯学習を支援する「かつしか区民大学」の「健康体操」講義のときに、「老化は足腰からくるので、早いうちから鍛えておいた方が良い」と聞いたので、今の所はちんたらちんたらと、自転車型のトレーニング器具やランニングマシンでゆるく鍛えています。

 さらに水着を買えば、温水プール + ジェットバスもジムと同じ料金で使え、無料開放日もあるようなので、もう少し痩せたら(!?)チャレンジしてみようかしら。せっかく税金を払っているのだから、もし近所にあれば使わないと損ですからね。

 ちなみに週3~4回の朝のラジオ体操、週1回のジムを1か月続けた結果、「ジムに行ってるから多少食べ過ぎて(飲みすぎて)も大丈夫♪」という気持ちが強すぎたせいか、なんなら少し体重が増加しているという(汗)。結局、アホは運動しても治らないものですね……。

関連記事