ワクチン予約システムで話題の「ぴあ」 かつて一世を風靡した大人気情報誌の歴史とは

今回、新型コロナウイルスのワクチン接種予約システム参入を発表したチケット販売大手のぴあ。そんな同社の歴史について、ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


雑誌『ぴあ』創刊は1972年

 チケット販売大手のぴあ(渋谷区東)が、自治体向けに新型コロナウイルスのワクチン接種予約システムを提供すると発表し、話題になっています。

 東京に住む人なら、同社のシステムを少なくとも1度くらいは使ったことがあるはず。もはやチケット購入のインフラともいえる存在です。また現在30代以上の人なら、雑誌『ぴあ』を買って、面白そうな映画やコンサート、展覧会を探した思い出のある人も多いでしょう。

2011年7月発売の雑誌『ぴあ』最終号(画像:ぴあ)

 そんなぴあは、中央大学の学生だった代表取締役社長の矢内廣さんが、数人の仲間たちと始めた小さな事業でした。雑誌『ぴあ』が創刊されたのは、1972(昭和47)年7月のこと。

 雑誌発行のアイデアは、映画研究会に所属して年に数百本の映画を見ていた矢内さんが、二番館(封切館の次に新作の映画を上映する映画館)などの情報を知らせるメディアがないと思ったことから編み出されました。

 創業メンバーは出版経験のない素人学生。矢内さんたちは、まず都内映画館などのスケジュールを調べた創刊号をつくりますが、流通に乗せるための取次会社は相手にしてくれません。

 ならばと書店に直接交渉しますが、これもうまくいかず。若さゆえの勢いとは恐ろしいもので、この時点で創刊号の印刷は発注済みだったといいます。

創刊号は26ページ、100円


【画像】雑誌『ぴあ』創刊号の表紙

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210519_pia_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210519_pia_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210519_pia_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210519_pia_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210519_pia_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210519_pia_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画