ネットの「薄っぺらい」情報に飽きたら図書館に行こう! 東京の「知らない」を探る、郷土史研究のススメ

東京にはまだまだ知られざる情報があります。そのような情報を得るためには、いったいどうしたらいいのでしょうか。メディアウォッチャーの本多修さんが解説します。


東京関連情報は膨大

 東京に関するさまざまな情報はテレビやインターネットで発信されていますが、私たちの知らないことはまだまだたくさんあります。

・街の成り立ち
・神社仏閣
・暗渠(あんきょ。地下水路)

など、お題をあげたらキリがありません。

 東京に限らず郷土史は興味深いものですが、東京のそれが面白いのは情報量が圧倒的だからです。東京は日本の中心であり、その分、多くの記録が残されています。そのため、より濃密な情報を得られます。

 とりわけインターネットの普及以降、一般人による発信が多くなり、地域の細かい歴史も気軽に知られるようになりました。ただ、そうしたものも東京全体の情報から見れば、ほんのわずかにすぎません。

 長らく週刊誌などの現場を渡り歩いてき筆者の経験上、たとえ本や雑誌、資料などに記録されても他人の目に触れるのは、全体の1割もないでしょう。東京で起きた大抵の出来事は忘れられ、そして記録の存在すらも消えていくのが現状です。

地域図書館に注目しよう

 ただ、皆さんに濃密な情報への渇望があるのなら、アクセスは意外と簡単です。なぜなら、東京都の各市区町村にある地域図書館を調べればいいからです。都内には

・国立国会図書館(千代田区永田町)
・都立中央図書館(港区南麻布)
・都立多摩図書館(国分寺市泉町)

という膨大な蔵書を抱える国立・都立の図書館がありますが、そこにも収蔵されていない資料はたくさんあります。地域資料は特にそうです。

国分寺市泉町にある都立多摩図書館(画像:(C)Google)




 地域資料といってまず思いつくのが、その地域の人による個人出版物です。よく見かけるのは、コピーを閉じた小冊子スタイルのもの。内容は自伝が多いのですが、文章の合間に

「地域の○○に△△という店があった」
「○○年に△△というトラブルが起きた」

など、自治体の発行物ですら書かれていない細かな情報があります。

 また、独自に町の由来を調べている人もいます。東京ではありませんが、以前、岡山市立中央図書館である人物の歴史を調べていたとき、司書さんが「こんなものもありますよ」と、『岡山県著名人家系図』という資料を見せてくれたことがあります。

 それは、岡山県の著名人の家系図とお墓の場所がノートに記されたもの(厳密にはそのコピー)でした。このような、寄贈以来、誰も手に取ったことがないような独自資料が東京の図書館では極めて豊富なのです。

地域紙という情報の宝庫


この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/01/220115_search_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220115_search_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220115_search_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画