都内「業スー」の食材で作る「本格タコス」 栄養満点、簡単にできるアレンジも紹介します!

都内に82店舗を構える業務スーパー。同店で売られている材料を使って、メキシコ料理・タコスを簡単に作ることができます。ご存じでしたか?


都内に82店舗ある業スー

 タコスはメキシコ料理の代表ですが、ほかの料理と比べて自宅で調理することはさほど多くないのではないでしょうか。

 タコスのポイントはシェルと呼ばれる皮ですが、油で揚げたハードタイプとソフトな生地に大別されることもなじみがないと思います。

 そんなタコスですが、都内に82店舗(2021年7月時点)を構える業務スーパー(業スー)で買えるアイテムを使えば、本格的なものが作れるのです。用意する具材は

・ひき肉
・玉ねぎ
・アボカド
・レタス

などですが、ひき肉と玉ねぎはシーズニングを加えるだけ、他の食材は細かく切るだけです。

世田谷区梅丘にある業務スーパー梅ヶ丘店(画像:(C)Google)

 ちなみに筆者がよく立ち寄るのは、梅ヶ丘店(世田谷区梅丘)です。業スーと言えば駅から遠く、アクセスが悪い店舗も多いですが、梅ヶ丘の店舗は駅から徒歩3分と非常に好アクセス。近くにお住まいの方は、ぜひ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

1.タコシーズニング

 タコシーズニングは、タコスに欠かせない「タコミート」を作るため、そしてアボカドをベースにしたディップ状のワカモレを作るためのシーズニング(調味料)です。

タコシーズニング(画像:Boshiko)

 本記事で紹介する食材のうち、このシーズニングは業スーでは取り扱いがない可能性があるため、その際は別途用意してください。イトーヨーカドーなどの一般的なスーパーマーケットであれば、取り扱いがあるので見つけるのに苦労はしないはず。

 本品1袋30gでひき肉500gほどに対する分量です。ひき肉の色が変わるまで炒めたら、余分な油を取り、水と一緒に本品を加えて水分を飛ばすだけ。

 ワカモレは1袋20gでアボカド2個が目安。すりつぶして混ぜるだけなので、簡単においしいワカモレが完成します。

2.トルティーヤ


【図表】東京都内の「業務スーパー」一覧

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210805_gyosu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_gyosu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_gyosu_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_gyosu_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_gyosu_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_gyosu_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_gyosu_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_gyosu_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_gyosu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_gyosu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_gyosu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_gyosu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_gyosu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_gyosu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_gyosu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210805_gyosu_08-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画