夜中23時なのにアコギで大熱唱! 隣人の「生配信」ついにブチ切れた30代女性が取った行動とは

コロナ禍で在宅時間が増えた中、問題となっているのが隣人同士の騒音トラブルです。東京郊外に引っ越した会社員のA子さんも、半年以上にわたって悩まされたひとり。その経緯と解決方法を聞きました。


コロナ禍で増加する隣人トラブル

 新型コロナウイルス禍で加速度的に普及したテレワーク(在宅勤務)。政府は民間企業に対し「出勤者7割削減」を呼び掛けていて、東京都の調査では都内企業(従業員30人以上)のテレワーク実施率は56.6%(2021年4月時点)になりました。

 実施率が最も高かった同年2月後半の64.8%よりは減少しているものの、同年に入って以降50%以上を維持しており、一定程度の定着を見せているといえそうです。

 一方、在宅ワークが日常となると起こりやすいのが隣人同士の騒音トラブル。NHKの報道によると、初めての緊急事態宣言が発令された2020年4月、都内では過去5年間で最も多い1万7000件超(前年同月比38%増)もの通報が警視庁に寄せられたといいます。

テレワークで郊外へ引っ越したら

 コロナ禍で東京郊外のマンションへ引っ越した30代会社員のA子さんも、隣室の騒音に半年以上悩まされたひとり。「私の場合は警察ではなく管理会社に苦情を入れましたが、一時期はほとんどノイローゼ状態になっていました」と、苦悶(くもん)の日々を振り返ります。

昼夜を問わず聞こえてくる隣人の歌声。A子さんに仕事に支障が……(画像:写真AC)

 40代の夫とふたり暮らしのA子さん。お互いデスクワークが中心で、それぞれの勤務先が完全在宅ワークを導入したことから2020年9月に郊外のマンションへ引っ越しました。

 それまで住んでいた2Kのアパートは、新宿駅まで急行で15分という利便性が気に入っていたものの、ふたり暮らしにはやや手狭。引っ越し先のマンションは70平方メートル近い間取りと以前より3万円以上も安い家賃、何より6階建てながら富士山まで眺望できる最上階という好条件に恵まれ、即入居を決めました。

隣人女性が甲高い声で生配信を


【アンケート】騒音トラブル「圧倒的1位」は何の音?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210531_trouble_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210531_trouble_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210531_trouble_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210531_trouble_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210531_trouble_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210531_trouble_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210531_trouble_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210531_trouble_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210531_trouble_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210531_trouble_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210531_trouble_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210531_trouble_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画