江戸城天守閣のフル活用が、日本の「観光公害」を解消する

訪日外国人旅行者が増加するにつれ、深刻化するオーバーツーリズム。しかし東京のある場所をリニューアルすれば、それを解消できると旅行ジャーナリストの内田宗治さんは言います。いったいどの場所なのでしょうか。内田さんが解説します。


オーバーツーリズムという名の「公害」

 訪日外国人旅行者が、相変わらず増加傾向にあります。こう述べると、

「2019年は3188万人と先日発表があったけれど、8月以降はラグビーワールドカップがあった9月を除いて、前年同月比でマイナス(12月データは未発表)。年間を通しての前年比の増加率も2.2%と大幅に縮小となったのに、何を言っているんだ」

との声が聞こえてきそうです。

 ですが、これはひとえに韓国人の対日感情悪化で韓国から日本への旅行者が激減したことによります。2019年11月の例では韓国から日本への旅行者は前年同月比マイナス65%、約38万人もの大幅な減少でした。

 韓国からの旅行者を除いた11月の訪日外国人旅行者総数は223万6300人で、前年同月比20.1%も増加しています。トレンドとしては、依然として増加傾向にあるのです。

皇居東御苑の天守台の上から本丸跡の芝生を望む。2019年5月撮影(画像:内田宗治)

 今回は、今後新たに訪日外国人旅行者に人気となる観光地について考えてみたいと思います。この問題は、実は重大な問題の解決策と関係しています。訪日外国人旅行者が特に多い京都など、いくつかの地域で問題となっているオーバーツーリズムとの関係です。

 オーバーツーリズムとは、観光客の急増により地元民の生活などに悪影響が出ることで、「観光公害」とも呼ばれます。市民が利用する路線バスも名所も観光客で大混雑、もぐりの民泊の存在や周辺への深夜の騒音、路上へのゴミ捨て、京都では舞妓(まいこ)さんへの迷惑行為などが話題となっています。

 個別に解決すべき問題も多いのですが、根本的解決策として、魅力あるスポットを複数創出し、観光客の一極集中を避け分散を促すことが不可欠です。

 訪日外国人旅行者が最も多く訪れる都市は東京です。一例としてここに有力な観光スポットを創出すれば、旅行者の分散にかなり役立つはずです。もちろん東京だけでは足りず地方各地に訪日外国人旅行者を誘致する必要もありますが、今回は東京の例を提案したいと思います。

ほとんどの見学者が知らない天守台の存在


【画像】あまりの人数にビックリ! 一般公開時の「大嘗宮」の様子を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200110_edojo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200110_edojo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200110_edojo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200110_edojo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200110_edojo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200110_edojo_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画