フランスに残された「3本の日本刀」 幕末期を戦った仏軍人と将軍慶喜の数奇な交流をたどって

幕末期に来日したフランス軍人、ジュール・ブリュネ大尉をご存じですか? 彼が祖国へ持ち帰った3振りの日本刀には、彼の日本での思いが垣間見えるようです。フランス現地でも取材を重ねたノンフィクション作家、合田一道さんが歴史の足跡をたどります。


江戸に現れた「青い目のラストサムライ」

 箱館戦争(1868~1869年)を戦った“青い目のサムライ”がいた――。

 フランス軍人のジュール・ブリュネ大尉。本当の意味のラストサムライはこの人、と筆者(合田一道。ノンフィクション作家)は思っています。

幕末期に来日したフランス軍人、ブリュネ大尉(画像:合田一道)

 幕末期に、幕府の兵士を訓練するため、招聘(しょうへい)されて来日したフランスの軍事顧問団。

 その副団長・砲兵隊長を務め、横浜の太田村野毛で幕兵らに砲術を教えるかたわら、倒幕を狙って江戸をかく乱させる薩摩藩邸目がけて、自ら指揮して大砲を撃ち込んだつわものです。

2000人を率いて品川沖から出帆するも

 戊辰(ぼしん)戦争が起こり、江戸城が開城になると、旧幕府方の武士たちは、薩摩・長州中心の新政府に憤まんを抱き、抵抗します。

 ブリュネはひそかに旧海軍副総裁の榎本武揚(えのもと たけあき)と会い、部下のカズヌーブ伍長とともに合流し、江戸・品川沖から2000余人を8隻の艦隊に分乗させて出帆し、蝦夷(えぞ)地へ向かったのです。

 1868(明治元)年冬、五稜郭(ごりょうかく。現在の北海道函館市)を奪い、松前藩を鎮圧した榎本軍は、蝦夷島臨時政権を樹立し、総裁に榎本を選出。ブリュネは参謀に就任します。

 しかし翌年4月、新政府征討軍の反撃に遭い、敗色濃厚になった同年5月1日、ブリュネは

「戦いは敗れた。日本の友人に対して心が痛むが、万事休した」

の書面を残し、戦線を離脱しフランスに帰国します。

 間もなく五稜郭は開城になり、戦争は終結します。

渡仏した筆者が見せられた3本の日本刀


【貴重画像】将軍・徳川慶喜からフランス軍人に渡った「日本刀」を見る(計6枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/09/200909_taikun_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200909_taikun_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200909_taikun_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200909_taikun_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200909_taikun_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画